« 洗濯機 | トップページ | Core i7続報 »

2008年11月 3日 (月)

Core i7情報

PCWatchの情報に出てくるくらいですからカウントダウン寸前みたいですね。

で、印象ですがまた爆熱路線に戻るのか、そうでないのかよく分からない微妙なラインですね。
Pentium4との違いは、爆熱な分強烈に速い局面はとにかく速い。
Core2より遅いこともない。

という印象。
記事中では奮わないとか、特定の動作に強いという書かれ方をしていますが、単純なループを調べるPCMarkのようなベンチで異常な数値が出ている他はほぼCore2EEよりも速いんですよね。
こういう恣意的な書き方をするからimpressっていまいち信用できないんですよね、あぁ日本のメディアだなって感じます。

注目点は、メモリが3チャンネルという部分なんですが、柔軟に動く模様。
どういう風にスロットに指しても組み合わせ中最善の動作をするらしいということ。
良い面ばかりではなく、DDR3って1600相当で動くものかと思っていたら800 1066 1333 が規格で、1600が無い模様。
初期製品のDDR3は1066みたいで、内部クロックは133mhz。レイテンシは高くなってしまうようです。

今のところ分かっている弱点は対応モジュールの速度と、やや高いCO2発生量。
ですが、前者はDDR3は耐性が高いらしいですから勝手に解決するでしょうし、すぐにTDPを抑えた32nmに移行しそうな予感もします。
でも短命かもという噂も。

さて・・・、初期製品を買うべきか見送るべきか・・・。

|

« 洗濯機 | トップページ | Core i7続報 »

PCメモ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Core i7情報:

« 洗濯機 | トップページ | Core i7続報 »