« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

Lenovoのサポートページトップがダウンしてるし

>一部ページの表示に関しまして

>現在サイト内一部ページが表示されない状況になっております。
>復旧に向けて調査を進めておりますので、ご不便をおかけいたしますがもうしばらくお待ちください。
>ご迷惑をおかけしており大変申し訳ございません。

だそうです。
とりあえずダウンしてしまった物は全く気にならないですが、これを受けてのシステム改善とかで、復帰後に
製品ごとのページアドレスだけは変えないでいただきたい。せめてパーツ保持期間。
せっかくのメモが台無しになるので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Thinkpad x60s のXPPro新規インストールメモ

Thinkpad X60sの製品ページ

Lenovo Windows XP Professional 新規インストール方法

Thinkpad X60s 諸々ダウンロードサイト 

ハードディスク・ドライブ取り外し/取り付け手順

ThinkVantage Systemupdate ダウンロードページ

ThinkVantage プロダクティビティ・センター・パック ダウンロードページ

インテルのマトリクス・ストレージ・ドライバダウンロードサイト←フロッピー作成exeファイルも有り。

Lenovoのインテル マトリクス・ストレージ・ドライバダウンロードサイト

インテル 945GMグラフィックドライバダウンロードサイト

インテル945チップセットドライバ一覧


手順予定メモ

HDD換装←Trueimageでバックアップを取り、HDDはそのまま抜く。

WindowsXPProを入れる←f6でAHCIのドライバを入れる

avastかカスペルスキーを入れる

winupdateをするか、統合インストールする。

チップセットドライバ

VGAドライバ。インテルマトリクスストレージドライバはf6で済みチップセットドライバよりも先に入れないこと。
チップセットドライバよりも先に入れるとトラブルが噴出する。

バッファローの無線設定ユーティリティを入れるか、Windowsから設定する。

ThinkVantage SystemUpdateを入れる

ThinkVantage プロダクティビティセンターを入れる

SystemUpdateを使って主なドライバを入れる
・トラックポイント
・指紋認証ソフト(CSS)
・省電力マネージャー

Officeを入れる

この辺でバックアップイメージを作ると楽。少々のクリーンではない部分は無視する。

必要な物は都度入れていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

ダークナイトの絵が暗い件

ダークナイト、絵が暗いんですよね。
劇場ではこんなに黒っぽくなかった印象だし、DVDも昼のシーンではまったく暗く感じないんですよね。
どうも夜のシーンは、暗部にノイズがのらないように暗い部分にも優先して容量を使って調整しているのかも知れませんね。

ただくらいだけの調整失敗気味の映画(旧バットマン)とか、コントラストを機器側もしくはソフト側であげて明るくすると
虹色のブロックノイズが出てしまいますが、ダークナイトでは暗部にも階調がきちんと書き込まれているため明るくすると
ただ明るくなって見やすくなるんです。やっぱり暗部主体で作られているのかな。

AVP2でもそうでしたが、暗部にデータをかなりつぎ込んでるタイトルが最近増えてるように気がします。
錯覚かな(汗)

どうもDVDは根本的にデータ量が足りていないように感じてきました。
解像度はアップコンバートでかなり見られるようになりますが、プレーヤーは色の情報量の補正も今後重要な商品力になっていくように思います。

そうそう、テレビのコントラストとか黒バランスを明るくして映画が終わったあと、ソフトを終了してデスクトップに戻ると
目が潰れんばかりに明るいんですよ。PowerDVD側でダークナイト専用に調整して保存しよ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

環八の信号機からいろいろ思う

信号機 アメリカ 交通 渋滞
とかで検索すると上位にこういうサイトが掛かります。

で、読んでみると当たり前のことが当たり前のように、当たり前に行われています。日本以外では。

どうも夜環八などまっすぐしかない道を走ると、信号の頭の悪さにイライラします。
止まってる時間の方が長い。止まっている時間はリッター0キロなわけで、アメリカ車の燃費を非難する日本車業界の
暗部かも。
アメリカで同クラスのアメ車を走らせれば、日本車を日本で走らせるのと同じような数字なんじゃないでしょうか。

日本の道路って半分くらいは停車。赤信号を待って、そのあと加速しなきゃいけないからカタログ値を上げていかないと、とてもじゃないけれどリッター10キロなんて行かない。

交通システムと車は一体物。日本国内で、アメリカ人はガソリンを使いすぎるとかそう言う非難をすることはちょっと見当違いだったりします。
何しろ移動の半分は停車してガソリンを湯水のように捨てているので。
産業と交通の連携がこの程度であるとすると、かなりこの国は自動車産業を軽く考えており、自動車産業も強く働きかけないのなら
遊び半分であるということ。

こう言う時勢に日本のように、自動車製品が生半可な発想で作られている国では国内需要を絶対に満たせないと思います。
自動車は欧米のように交通インフラとリンクした製品として、単体では機能しない製品として位置づけてくれないと他の産業は非常に困ります。
バブルでも無きゃ玩具としては100万も200万も普通新車に出しませんから。
売れなくなれば信じられないほど無責任に他の産業を巻き込んで潰れていきます。

信号一つで、産業の真剣度が見えてくるようです。
警察が素人考えて好き勝手に作った信号機がついた道路に、日本車メーカーが好き勝手に作ったミニバンだらけの車が走る産業が現実に
ことし崩壊を始めてしまいました。
本質的に、少ない資源で適切な時間内で移動する手段としての車が遊びの手段として作られたらそりゃ社会不安のある時勢には引くでしょう。

こうしたオモチャのように商品を作って遊び半分のマネーゲーム的な産業構造が崩壊すると、当事者だけではなく
他の産業で働いている人や自治体や国、そのたもろもろのいろんな人が大変な目に遭うというモデルケースになってしまったのではないでしょうか。
20年前のバブルでもそうでしたが、景気が悪くなると楽だからとアメリカやよその戦争非難に逃げて、目の前の対策が進まない。

少なくともアメリカはヨーロッパや日本より真剣に納税者を守っているように思います。
バブルに学んでいない。というのが率直な感想ですね。
信号機から広がりすぎてしまいましたが、一つのことにまつわる小さな事の累積でいろいろなことがなし崩しになるという良い見本のようではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

ダークナイトがエンドロール直前にPCのフリーズを起こす件とコピーガードの件

まず前者、ブルーレイの再生でフリーズを起こす件はCyberlinkに問い合わせたところATIのドライバが臭いとのこと。
ドライバの更新やnVidiaのVGAを試してみると良いかも。Bru-rayは案外DxVA掛けると全然重くないので
ローエンドカードでも問題なく見られます。
現状今の環境だとCataryst8.12と11でこの問題が出ました。
K9AGM2-FIHにGIGAの3450を使っています。

リッピングが出来ない点ですが、新しいコピーガードがかっていてDecrypterとShrinkではリッピングできません。
ですから手元に欲しい場合は買いましょう。良い映画なのでそのあたりはきちんと。
で、買った後にバックアップを取りたいという場合や、DVDのケースだらけになってしまうのでファイルサーバーに入れたいという場合は責任を持って行ってください。
親告罪なうえに、諸説あるので現実世界ではグレーゾーンですが、人様の著作物に損害を与える行為が目に余るようだと
ゴリッと規制されるでしょうし処罰もされるでしょう。
グレーゾーンは合法ではなく、処罰の対象者になりうる不安定な状態。
自分がお金を出して媒体を買ったものは、媒体は個人所有ですが中身は視聴する権利を有するだけ。
他者を巻き込まずに、責任を持って楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

googleが最近怪しい件

グールマップで個人情報流出だそうで、こういうのを見てしまうとガッカリ。

グーグルマップは使うと便利この上ないんですけどね。こういうことが起こる。
日本法人の実体がぼんやりしているし、管理がきちんとしているかどうかをイメージだけで決めつけてはいないかという面も。

ストリートビューも期間限定のお楽しみサービスとしてではなく、恒久的にやっていくつもりのようですが、
はっきり言ってものすごく気持ちが悪い。世の中がなんの不安もない幻想的な世界であれば楽しいし便利なサービスだとは思います。

でも肯定的な意見には、世の中にいろいろな人がいらっしゃるということの、いろいろなという部分をよく分からないまま肯定してはいないかと
言う面がビシビシ伝わってくるから困ったもの。

ニュースに流れる前まではグーグルで子どもの流出情報をゲットしてそのままストリートビューで自宅周辺を念入りに調査していた人が
居たんじゃないのだろうかとものすごく不安になりますね。

そもそも、アメリカの大手民間企業の一日本法人でしかないグーグル株式会社が、ここまでのことをやっておきながら
まったく利用者も、施設や人や自治体といった”グーグルに利用されている”側も守らないというのはいかがなものかと思います。

早速Googleでstreet view privacy issue
を検索してみることに。

日本が社会観念的に遅れていて、こんなことも許容できないのか。というとそうではないことが分かります。
Googleツールバーには機械翻訳がついていて便利便利。こういう便利さは大歓迎。
だけれども、プライバシーや財産を侵害するおそれがある(一部すでに侵害しているのか)サービスはちっともうれしくない。

今この瞬間も明日の昼間も、会社から学校からストリートビューで女性を仮想ストーキングしているストーカーのかたがいっぱい居るのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯機を冬場上手に使う

洗濯物を基本的に部屋干しするんですが、理由が3点。

1 外に干すと排ガスやホコリが気になるし。
2 冬は寒い。夏は暑い。冬は加湿器のかわりになる。
3 紫外線で繊維が傷むんじゃないかと神経質になっている。

1は臭いが違うので正解なんでしょう。2は横着なんでしょう。3は意外と正解みたいです、10年着たものとかの色あせなんかがそれほどでもない。

で、これとは別に問題なのは部屋干しの臭いとされているカビ臭やはきまくった靴下みたいな臭いですが、
要するに汚れが落ちていないから汚れが腐ってますよってだけです。
汚れはたいていタンパクと脂で、意外と洗濯洗剤で落ちないことも。
こういうときは台所洗剤をほんの少し混ぜると正解。台所洗剤じゃなくてもアルキルエーテル硫酸塩もしくはアルキルグリコシド
で有れば洗濯洗剤とかみ合わない脂を追加的に落とす。
花王のファミリーピュアかキュキュットがすすぎ良好。
洗濯石けんは脂が洗濯物にも洗濯機にも残るので、使わないこと。栄養たっぷりカビの原因、油焼けの原因。

・洗濯機を最大限生かすには、使用する水量を超えた洗剤量を使わないこと。
・石けんを絶対使わないこと。
・かび臭くしてしまった布は繊維の奥までカビがあるので単体であらい、可能であればブリーチする。
・バスタオルは2回以上連続で使わない。風呂上がりの体はお湯じゃない、汗でもぬれているんだ。栄養たっぷり。
・組み合わせが合わなければどんなに強力な洗剤を使っても落ちないから、脂を侮らない。家庭用の洗剤から合う組み合わせの物を探して混ぜる。(精神衛生上可能な範囲で)
・洗濯洗剤を洗濯で何でも落とす洗剤と勘違いしない。
・洗剤を入れすぎない→汚れとくっついた洗剤がすすげていない。それは服も洗濯機も汚れていると言うこと。
・洗剤をケチらない→汚れが落ちきらない。それは服も洗濯機も汚れていると言うこと。
・外干しして紫外線でカビが死んでも、その死がいを食って同じカビ生えます。
・蛍光剤は色物でもそれほど気にしなくても大丈夫みたい。よそ行きはボールドかビーズを使うこと。
・植物性(ってそもそもなんだ?)洗剤はそういうビジネス臭がプンプンする。
・脱水は良くすること。洗濯機の遠心分離じゃ繊維は全く傷まない。

そしてとどめは、なるべく7kg級以上の洗濯機を、長期保証付きで購入すること。
せっかく買った良い洗濯機を、自分で作った変なお好みコースで台無しにしない。
標準コースで十分落ちる。というか、撹拌時間を減らすと落ちません。脱水時間減らしても仕組み上すすぎきれなかった汚れが残るので駄目。
これで冬の洗濯事情はバッチリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メモリを増やしたらVistaがサクサク動いた件

あまりにメモリが安すぎるためツクモで購入しました。

2GBがDulal動作テスト済みセットで2本、計4GBが3980円て・・・
1年半前に買ったエルピーダの1GBが(しかもAMDと相性出て以後放置)14000円だったんですけど。
ついでにノートのSO-DIMM2GBが2980円って・・・
半年前に買ったエルピーダ512MBが7000円だったんですけど。
まぁ良いです。久しぶりの追加装備がこれで済んだし、当分スペックのことは忘れてしまえそうですから。


というわけで最小限の出費(なんかもうちょっと待つともっと最小限になってしまう気もする(汗))で
2GBのVistaX64マシンが6GBになってしまった。

で、変化ですが

・ハイブリッドスリープが掛かっていたのを忘れて、電源を落としてメモリまで突っ込んだため、起動時に致命的エラーが出た。
→メモリアドレスそっくりそのまま復帰するからだろうか。

・ピロピロバー(起動時の緑のプログレスバーみたいな奴)が11.5ピロピロから7.5ピロピロに。

・デスクトップが表示されてからタスクバーアイコンが並ぶまでがスムースに。

・PerfectDisk2008Proの分析時間がXP並みに。

・ページファイルが増えたのか?空き領域が4GB近く減った。
→VistaでCドライブを40GBに切ったのは失敗。巨大なアクセス不可能ファイルが増える。

・アプリのパフォーマンス自体は変わらない。

というわけでかなり安価にちょっとしたメリットが得られました。

ただ、Cドライブを40GBにしたのは失敗だった。マザーボードを入れ替えたときにめんどくさいからと、OSを入れ替えずに
強行したらすんなり起動してしまったのでそのまま放置していたんですが、そのせいもあるのでしょうか、
謎のファイルで空き領域が圧迫されてます。

メモリ増設直後復帰失敗で何故か休止ファイル自体がさらに増えて残り3.2GBとかになってました。
とりあえず休止状態ファイルを削除してしばらくハイバネーションを使わないように設定してしのごう。
削除で5.7GBしか増えていないはずなのに何故か空き領域9.53GB。
なんでこんなにストレージに余計な物を入れたがる設計なんだろ。でもまあいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

ダークナイト

ついに発売されたわけですが、もちろん予約でかいましたよ。
BDを買ったわけですが、帰りがけふと
「DVDが無いと不便だ」
と考えてTSUTAYAに。そしたら定価なんですよね、最後の一本だったので躊躇しましたが一か八かゲームソフトやさんに。

ありましたありました一割引でだぶついてますがなw
TSUTAYAなんかだと6時半に行ってほとんど売り切れ寸前でしたが、ゲームやさんに行く人はあんまりいませんね
ということですね。
TSUTAYAでは人気ラーメン店かとおもうくらいレジに人がならんでたんですけど・・・。

さて、BDで堪能した後電車の中で見るためにDVDを変換しますかと思いましたが、
トラブルです。

まず、BDでエンドロール寸前でATIのドライバがフリーズ。GeForceだと行けるらしい。
コピー対策ガンガンして欲しいですが、買った人に迷惑が掛からないようにやってください。

それからDVDがリッピングできない、私的録音不可ですよ。という宣言かのように、ダウンロード版(全編無料)
をワーナーが配信してやがる!
しかたないので他のソフトでリップ。だけどIFOファイルの構造が独特らしく、TMPEGEncMobilestyleで本編を
認識しねぇ!
しょうがないのでソースネクスト使いましたが、解像度がPSPとドットバイドットになりません。
さらにしょうがないからUMD注文しましたよ。

って、出来たり出来なかったりゴルァ中途半端なコピー対策すんじゃねぇワアアナアアア!
一体幾ら使わせるんじゃ。
米版のプロテクトはどうなんだろう。ダークナイトなら幾らでもつっこんでしまいそうで怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDD系サプラヤ筋の情報によると

HDDの材料はかなりの減産方向に向かっているようです。
脳天気に増産を続けていたようですが、減産。
動き遅すぎな気がしないでもないですが、そう言うもんなんでしょうかね。

日立GSTとintelが共同開発のニュースが流れてましたが、その流れもあってか方向転換をはかっている様にも見えます。

でも日立GSTが今頃SSDに動き出すって言うのはちょっと遅すぎやしませんでしょうか。
SSDが勢力を増すのはかなり前から明らかだったと思います。
HDDのプラッタ容量も数年前からほとんど進歩してませんし、消費者向けのストレージがHDDとSSDで二分される
かもしれないという危機感はなかったんでしょうか。

確かにSSDがまだ寿命の面で明らかに劣るので、サーバー等大容量かつ長寿命が期待できて台数が出るもの
には話にならないのは分かるんですけど、潜在的なボリュームゾーンが本当にそこなのか?
という部分。
それから最低コストの問題という部分。

このあたりはさんざん言われてきている部分な気も。
さらに大きな問題が一つ、ハードウェアをintelが作りI/O周りとファームウェアを日立がやる。販売とサービスも日立。
と、商社的なポジションを取っているあたりに不安が。要するに今までやってないことに手を出して大丈夫なのだろうかという部分。

ただ、日立はMRAMの開発に注力しているからフラッシュなんてやってる余裕がないのよ、っていうことであれば
何となくなっとく。
MRAMが軌道に乗ってくればかなりの長期にわたってintelとの良い関係を保って相乗効果を生み出せそうな気もします。

このSSDの製品化が10年をめどとしているということですから、MRAMが今後2,3年ですぐに普及期に入るということは
無いのでしょう。となれば必然的に現行のSSDでのintelとの関係は短期的なものではないといえそう。
また不況による減産とはいえ、HDDとの置き換わりはすぐにではなくいまのところ徐々に進むと考えても良さそう。
とにかくどっちに転ぶか分からないニュースですが、ストレージ関連のニュースでは一番面白い情報でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

AMDの消費電力

intelとAMDの消費電力の比較を見ると、トランジスタの熱量と演算量の比率から製品として全く競合していないことが分かります。
PC向けの演算装置ではあるが、カテゴリーが全く違う別のジャンルの品物とすらとれるほど、かけ離れた電力性能比。

来月Phenomiiが出るようですが、intelがプロセスルールを来春には32nmを予定している時、上のような有様で45nmがうまく
行くかどうかという話をしているあたりに駄目な臭いを感じます。

Phenom系はK8を単純に拡張した感じのアーキテクチャですが、ここに暗雲立ちこめているような気がしてならないのはワタシだけならいいなぁ。
そもそもK8自体がK7を整理しただけっていう感じのアーキテクチャで、実に10年に渡ってなんとか騙し騙し生き延びているアーキテクチャ。

競合していた(純粋な)P6アーキテクチャが2000年には終息しつつあったところ、K7にX64を載せただけのCPUをK8と呼んでしまった
そういう所から何となく今の状況の始まりがあったんじゃないかと思います。
98年くらいにalphaの開発チームが反インテル勢力に流入したと言われていますが、これが今のAMDの基礎だとすると、
AMD固有の基礎がないと言えなくもない。
根が無く、入ってきたよく分かって無いとも思える技術に頼りきりというのがAMDという風に見えます。
新しく入ってくる人と技術で会社がなり立っているということは、それまでいた人間は期間限定お手伝いさんなのか?と。

それでもK7の拡張っていつまで引っ張るのか・・・K8の成功はPentium4の電力設計に問題があったと思われます。
ケース内で発生する熱量と、要求される電流量のせいでそれを解消する費用でベンダに無駄な金が掛かるという部分が嫌われたのではないかと思います。
もちろん性能が比較するのが無意味なほど遅い上に信じられないくらい電気を使うという部分を見越して消費者側は買っていた側面はあるでしょうが、
作る側は必ずしもそうではなかったのではないかと。

さて、PhenomiiのIPCがCore2程度であるとして、発売開始時期にすでに売られている競合CPUに対抗するに
必要な演算力がないと考えることも出来ます。
昔はたまたまPentium-Mがノートだけに使われていたため、実は性能が高いわけではなく、必ずしも省電力ではない状況が
顕在化しませんでしたが、今回はPhenomで豪快にコケ、Phenomiiもintelに一つも勝ち目がないという状況。
PhenomがK7改でありつづける限りどんどん悪い方向に向かう可能性があります。

次はPower系とも言われているAMDですが、何系であろうがAMD自身がよそのアーキテクトと買収先に投げっぱなし
以上のことが出来ない所からしてマズそう。
IPCの大きな改善が望めない体質なため、最初に電力あたり性能が高くないことが分かったら一気にエラいことになっていくでしょう。
問題点が明確で今ジリ貧、とわかりやすいということと、それが原因のアブダビ資本の獲得で現状を変えるチャンスではありそうな気がします。

それ以上にヤバい橋が目の前に有るようにも見えますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

iTunesが64bitネイティブじゃなかったとかの件

別に構わないんですねけどね、特に気にしてないんですけどね、
どっちでも良いんですけどね、

8.xになってからネイティブになったかなって思ってタスクマネージャー見たらあなた。
思いっきり32bitで動いてますがな。

なんかキビキビ動かないし、ずっと不満だなぁiTunes。
他に選択肢もないし、iPodを愛用している以上他を使う気にもなれないしどうでも良いんですけどね、

ネイティブにならないかなぁ。
パフォーマンスとかはどうでも良いんですよ、タスクマネージャーの*32が一つ消えるごとに何となくうれしいわけですw

ちなみに他にも失望したソフトは
Firefox3が相変わらず32bitベースでリリースされ続けていること。
カスペルスキーの8が32bitで動いていること。

何となく気にくわないのでカスペルスキーは更新するのやめようかな。
でもサービス良いんですよね、ジャストが。
購入前の質問とか普通に電話がつながるし、担当者が分からないことだと後日メールで解決してくれる。
一太郎とかATOKの困ったときの問い合わせと変わらん姿勢が良い。が、64bitで出せってば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

今更ですがWinDVD9PlusのALL2HD

あと一週間でダークナイトが出ます。ので、ビギンズを久しぶりに見た。

ALL2HDの画像。
All2hd
 
 
 
  
 
 

 

WinDVDの処理なし画像
Sd

PowerDVDのTTHDと比べると、処理がいまいち分かりづらい。
コンバートが1280*720(720P)だからでしょううか。

TTHDがかなりしわや模様、陰を復元するのに対し、こちらは解像度的な不利以前に復元度が低いように感じます。
ただ、無処理のくっきり感はWinDVDってPowerDVDよりクリアに感じます。

無処理で見ないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »