« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

PowerDVD7.3 BUFFALO版のアップデータ5711が来ている

牛版7.3BDを起動するとポップアップで促された。牛版73BDedition5711
早速インストールしてみる。いろいろ試したので今日一日で書いてることがころころ変わっているw

結論から言うと、もとの色が濃くなり、さらにTTLの明るさ補正が使い物になるものに修正されているため、何となく画質が上がった様に感じられるだろう。前回のようにTTHDが削除されることもなく、かなり有用なソフトに仕上がった。あとは、TTHDのバージョンアップ(製品版でもかまわないけど)が将来的に行われればDVD再生ソフトとしては決定版になりうる。

今回は既存バージョンの削除的なことは明示されなかった。
でも、Videofilterフォルダのファイルはタイムスタンプを見た限りやはりすべて上書きされている。
というわけで、いつも通り新バージョンに入れ替えされている様だ。

CLTzan.axが 234,792byte  ←1,189,160 バイト
CLTzan.tsmが 86byte 同じ

CV.DLLは今回存在せず、動作するdllとフィルタが変更されているんだと思う。

で、そのまま再生してみるとTTHDは無事な様だ。
今回のアップデータで特に気になったのは画質で、TTHDを使わない状態でもスケーリングがかなり巧妙になっている様に感じる。きれいだ。実際に比べてみるとスケーリングには差はなく、色調のせいで落ち着いた感じの画になっているような感じか。昔からPowerDVDは白っぽかったが、なにやら深い色調になった(普通になったとも言う)。

ググるとトップに出てくるラピュタで比較してみると、解像度は同じ感じだが、色調が濃いめになってるかな。前回の絵にはカラーコントロールは掛けなかった記憶があるけど、勘違いかもしれない。それから今回は字幕がなめらかになってる。ソフト特有のギザギザが専用機的なフォントになり、違和感が無くなった。

液晶フルHDでは
東芝ヴァルディアでは、単独フレームに存在しない情報を復元しない。さらにぼやける。
ALL2HDはやや復元するが弱くフルHDでもないので結局モニタのスケーリングがかかってぼやける。
PS3とTTHDはアップコンバートといえる処理がかかっているが、PS3は効果を調整できずややフォーカスが甘い。PS3とTTHDでは復元度は同等でTTHDは調整でさらにきつく補完を掛けることができるが、画素の単位がやや大きいのかジャギーが強く相性が悪いDVDがある。

と言うことがPS3を買った段階で確認できた。
PS3とTTHDはほぼ同等で、PS3の方が汎用度が高くTTHDの方がはまったとき強い(はまらないとギザギザ)。
これら以外は、ALL2HDはフルHD世代の技術ではないので20インチくらいまでのPCモニタ向け。テレビ向けではないがPCモニタなら使える。専用機は家電なので期待しても無駄だ。電気炊飯ジャーにガス炊きの効果を期待する様なもの、数十GFLOPS数万MIPSの汎用CPUのための処理はできない。

とはいえ、台湾メーカーの技術力がまだ途上であることがトランスフォーマーを見ると分かる。1時間4分あたりのオプティマスの顔アップでははっきりとジャギーを確認でき、変換後画素の細かさではPS3に引けをとる。
が、ファイルモードでアップコンバート済みの映画を鑑賞できるのはPowerDVDしかなく、性能も悪くない。そう考えればPS3に劣ると言うことは全然無いだろうと思う。

しかし、日本製のソフトにこれに対抗できる製品が存在しないことってちょっと恐ろしい様な気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

PowerDVD7.3の旧Revが最悪だった件 最新Revから改題

090928修正5711がでた
ので過去の話になった。TTHDは生きていてTTLはかなり使える機能になっている。

自意識過剰とは思うが先週クレームをしたおかげで5711が来たと考えたい。何しろ数ヶ月放置されたバグが、当方のクレームから3営業日で直っているからだ。ちなみに4617aの時もそうだった。今後も致命的な不具合があれば下記リンクからクレームすべきだ。当ブログを見てクレームをしてくれた人がいたら有り難うございます。

以下は5105の話。
TTHDが削除される上に、安定性が悪い。スリープから復帰するとHDMIの動作もなんか変になる。
ファイルモードの挙動も変更されてる。

あまりに対応がなさ過ぎるので、クレームを入れてみた。
バッファローのサポート品質ってホントおざなりだよなぁ・・・。
人に4万円近く払わせておいて、とりあえず自動返信であんた絶対勘違いしてるからチェックしてね、それでも自信があったら返信してくれよ。
てきなメールをよこします。

この会社のサポートさんは、4万円の買い物で、それがまともに用をなさず、クレームを付けてもいい加減に対応されてもま、いっか!って思えるほど給料が良いのだろうか?
4万円だぞ4万円。たくさんの人の4万円を巻き上げて、知識がないのが悪い的な対応するか?
安く買った人ばかりじゃないと思うんだけどな。保証期限とかで逃げようとかそういうことをしかねないな。

これをみて腹が立った牛版7.3BDeditionを使用中の方はどしどしクレームを入れてください。
https://online.buffalo.jp/toiawase/mail/dvdtop.asp
ここからメールで問い合わせできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

PS3のゲームがびっくりするほどつまらなそうな件

ワタシのゲーム購入基準は、

・完成度が高い
・作業性が強い
・正確な作業が求められる
・ストーリー性が無い(もしくは薄い)
・世界観が太い
・難しい(巧くなれば回避可能)
・できれば中毒性が低い

そういう基準から言うと、PS3のゲームがびっくりするほどつまらなそうなのには驚いた。
まず、アニメ絵のRPGが多い(棚がね、そういう風に見える)。この時点でどれだけおもしろくても買わない。
アニメが嫌いとかではなく個人的な嗜好だが感情移入ができない。

それから、アメリカ産のFPS。PCの方が性能が良いのでパス。仮にやったとしたら中毒性が高すぎる様な気がするから絶対買わない。明らかにおもしろいぞCall of dutyとか。破滅します。

アクションゲームとかの覚えげーは、昔から一切やっていないのでパス。ワタシはカーゲー(というかは分からんが)とか、FPSっぽい自キャラ俯瞰型のアクションゲームが好きだ。
PS~PS2初期では、GTやACを愛用していた。頭おかしいだろって位やった。この二つは、作業をどれだけやったか、作業の種類を知っているか、作業の正確性をどれだけ再現できるかという点でツボだった。GT4とかACSLは非常に完成された作業ゲーだった。

そういう視点からPS3の棚を見ると(というか棚小さ!)、うん。一生買わねえな。と判断するに十分な有様だ。何しろ、GT5だけ買って、ドライブの代わりにやり込みでもするかと思ったら、体験版じゃんこれ!何これ?何で有料なのすげえ高いし?テレビゲームという娯楽媒体がワタシの中で消滅した。

TSUTAYAでアプコン付き(たぶんたいしたことないだろうけど)のBDプレーヤーが2万円で売られている現在、PS3って高級DVDデッキなんだな。って理解できた。DVDを入れるだけで手軽にアプコンが使える点だけが美点だ。IFOが使えないのは最大の家電的な汚点でもある。

BDデッキとしては起動が速いとか利点もあるけど、書き込みもできないのに3万円か・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年9月20日 (日)

PS3を買ってみた

というわけで、ほったらかしになっていたTTHDとPS3アプコンの比較記事を後で追記しようと思う。
追記した
PS3の方がジャギーっぽさはほんの少しだけ少ない。ブラインドテストでわかるかは微妙。
PS3のスクリーンショットの取り方がわからないんですが、わかるかたいたら教えてください。

PS3のセットアップはPSPとそれほど変わらない作業で、PSPを使ったことがあれば説明書やヘルプなしでも安心して使えるだろう。とはいえ、ゲーム機相手に説明書と格闘するのはばかげているので、当然の水準だとは思う。

で、大きさだけど、PS2より大きく天板がラウンドフォルムなので、上にものを置けない。スゲエデカい。
基本的にダサいが、家電然としたデザインに変更され初期型のDELLのパチモノみたいな、いったいパクることに何のメリットがあるか解らない、迷いのあるソニー伝統のデザインは緩和されている。

ちなみにThinkpadX60Sより当然デカい。前より小さくなっただけで「小型」化とか書いてるのがほほえましい。
手口が中国の家電メーカーみたいだ。

全然売れてないみたいなので、今店頭にある個体はおそらくファームウェアのアップデータがきていると思う。
ダウンロードがやたら遅く、かなりイライラさせられている。
ちなみにゲームの方はスゲエつまらなそうだったので買わなかった。今後も買うことはないと思う。
BDプレーヤーやDVDプレーヤーとしては微妙。DVDのアップコンバートは役立ちそうだが、PowerDVD7.3や9を持っている人間が期待して買ったら効果が少ししかなくがっかりするだろうと思う。

さらに熱がすごい、デカイ、かなりうるさい。ほぼ無音PCで映画を楽しんでいるなら音には要注意だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

マイクロソフトのマウスがAutoCADとかなりマッチングが良くなった

これまで、中ボタンで画面をつまむのが非常にシビアだった。と、思う。
ことによると、どうしても必要なときは散ると機能がないマウスを脇に一つ置いておきながら作業するようだった。
というか、仕事場ではどうしても反応してくれないときのために有線3ボタンマウスをマウスパッドの上にいつも置いている。

で、今回、今頃気づいたのだがintellipoint7.0x86intellipoint7.0x64を導入すると、何となく中ボタンのスウィートスポットが広くなった印象がある。
さらにチルト時の横スクロールの慣性が穏やかに(ほとんど無いくらい)になったため、実に使いやすい。

特に、家で現在使用中のWireless laser Mouse 6000とのマッチングが一気に改善された。6.3ではスクロールの回し量と実際の動き量の1:1感がおかしかったのが解消され、本領発揮という感じがする。
ボールのような形状と相まってすさまじく使いやすくなった。登録してあるマクロを変えたわけでもないのに、勝手に作業してくれる感があがった。

あまり具体的な指標にはならないけど、どれくらい使いやすくなったかというと今日は午後地獄のように効率が上がり、午後の4時間で普段こんなに描かないよっていう分量を仕上げることができた。仕事場ではノート用の小型4ボタンを机で使っているが、大型の5ボタンに換えようかと考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iTunesのスクロール問題が完治している件

これまでマイクロソフトのマウスが正常に動かなかった。
それほど大きな問題ではないが、スクロールが恐ろしく重いというストレス直結型のバグが直っている。

最新版のiTunesは相変わらずWOW64動作だが、細かい修正が入ったようだ。
まず、フルHD解像度(1080P)がメインストリームになって、縦解像度が100ドット以上減ってしまった最近のディスプレイやノートPCのためだろうと思うが、上側にあったブラウザ(アーティストやアルバムを一覧で表示するやつ)がカラムという名称になり、横方向へ並ぶようになった。なるほど見やすい。1080のディスプレイじゃないけど見やすい。横方向に並ぶと縦より同時に目に入りやすいのか?もしかして。

後の機能は特にどうでもいいかなっておもう。それより早く64bitに対応してくん無いかな。

それと、もしかしたらマイクロソフトのドライバのせいでスクロール問題が直ったのかもしれない。
先にintellipoint7.0を入れたため、どっちがあたりなのかは分からない。けど両方入れとけな感じだ。

※とはいえ、これだけ横方向に気を遣った設計に変更したくせにチルトスクロールが効かない。
エンコードとか回数とかトラック情報が隠れたとき、スクロールバーを使わないと動かないのは相変わらず。おバカです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

AthlonⅡ250を買ってみた

BE2350からの交換で、はっきり言って体感的な効果は無い。
DVDShrinkのエンコードが速くなったり、AutoCAD2009の動作がやや軽くなったりという効果はある。
特にAutoCADのズーム時のアニメーション処理はもっさりの原因だが、これをVTENABLE(3)でオフするとさらに快適になる。

RADEONでAutoCAD2009は、ハードウェアアクセラレーションを使うと描画精度が落ちて使い物にならない。
角度付きの線は交点がずれて表示される。必然的にCPUで処理することになるが、なるほど250だと快適になった。2350だと時々引っかかりや処理落ちのような重さを感じることがあったが、解消した。

具体的にどのソフトでどんな改善があったということが体感的にわかればベンチ結果のようなものは全く無意味になるもんだと再認識した。つうか具体的数字が実は抽象的すぎる。何の指標かわからないのに、ベンチソフトの処理に点数がつくことって実はあんまり参考になってないだろ、と思った。

DVDShrinkの改善度は、倍弱速くなった。やっぱりBrisbaneは遅すぎる。本当はx4を買おうとも思ったけど、TDPが95wも有るとアウト。65wの250でも最大戦速ではかなりうるさい。95wも発熱するとかなり煩わしいんじゃないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

TurboSketchを買ってみた

Canonが出してるCADを使ってみた
もちろん学生版だ。

3ヶ月ほど前に買ってみたのだが、先ほどやっとmini12に入れてみた。印象としては一見2008以前のAutoCAD。
だが使ってみると全然違うCADだ。基本的にワタシは作図するときグローバル座標(アブソリュート座標)を全く使わない。下書き線(ていうか補助線?)を構築線で十字に引いたらそこがインクレで原点だ。モデル空間に一気に複数部品を書いたりコピーしてきたりするからむしろグローバル座標は無意味に感じる。

さらに、ワタシはコマンドをキーボードから入力する。アイコンはあまりクリックしない。さすがに寸法線は既にキーボードに手が乗っかっているときしか打たないが、作図はほぼコマンドラインからだ。

と言うわけで、左手が遊んでいるとやだかこういう使い方だ。

ところがTurboSketchはコマンドに関してはコマンドラインが存在せずすべてアイコンからだ。次の線に移るときいったん引いた線からアイコンにポインタを移さなければならないため、気が散る。jwでもキーボードからのコマンドは実装しているのにな・・・。

それから、デフォルトのツールバーは使い物にならないのでカスタムする必要がある。余計なコマンドがいっぱい並んでいるのに、構築線関係がまるでそろっていない。AutoCADの代わりとして使おうとすると描き始めにかなり動揺するだろう。

コマンドがアイコンからしか入力できないのは相当な忍耐力が必要だし、一度選択したアイコンはescを押しても解除にならないなど、違和感満点。マウスのボタンにescを割り当てするのは必須だ。今のところ、頭の中に既にあるものをトレースするのはイライラするので向いていない。あくまでも参照やdxfの修正が主な使い道かなという感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

マイクロソフトのキーボード

キータッチが微妙に好みではないため、今まで避けてきたけどとうとう買ってしまった。
wireless keybord 3000というモデルだ。

何で買ったかというと、ビックカメラに行ったらCPUが相場よりかなり高かったため店内をぶらぶらしていたから、というのと、なんか箱の写真で見た感じストロークが浅そうだったしワイヤレスキーボードがほしかったから。

ワタシにとってキーストロークが浅いことは結構重要。基本的にノートパソコンのキーボードはデスクトップのキーボードより優れていると常々感じている。ストロークが浅いため、打鍵後の戻り量が少なくても次のキーにいけるからだ。深々とパコパコストロークする昔気質のキーボードだとキーの角に指が引っかかる。早く打てない。

それから、もう一つは机で勉強するときに邪魔。というのがある。結構重要。机の上にキーボードが不要なときのこのデバイスの邪魔さは無意識のうちにかなりイライラを発生させていると想像していたが、予想を超えてイライラしていたようだ。スゲェすっきりした。

タッチフィールは良好。テレビ用にマウスとセットで買った別なやつはもっと高かったけど、ずっと打ちやすい。エレコムの有線で倍位するパンタグラフ高級品と比べるのは酷だけどオウルの1000円のパンタグラフとなら遜色ない。4000円くらいでワイヤレスキーボード作らせたら今のところマイクロソフトとエレコムが良いかもしれない。エレコムの方はマウスいりません。つけないでください。いらないものがついてくると捨てなきゃいけないからパスですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花王からからアタックの新作が出ているが

思わず買ってきてしまったが、失策だったかもしれない。
界面活性剤の成分に、思いっきり石けんと思われる「脂肪酸系」が入っている。また今度のアタックは界面活性剤の種類が書かれていない。凄く怪しい。

環境負荷を軽減、と謳っているが要は分解速度がアルコール系より速いということを言っているのだろうか?
すすぎが1回ですむと言うのはたぶん不可能じゃないかと思うがどうなんだろう。洗剤そのものは落ちても、汚れとくっついた洗剤や汚れ自体は水を一回入れ替えただけでは無理ではないだろうか。

それから、水は枯渇性資源じゃない。ここは家計的な節約な意味があるが、環境にはあまり関係ないんじゃないだろうか?
つるしておけば乾く布を乾かすのになぜか電気乾燥機を付けたがる家電メーカーの高級洗濯機に、謎のエコ洗剤
を信じ込んで使うのは正直宗教っぽい。ドラム式云々は言ってることがおかしい。

石けんが入っていて、すすぎを1回ですますということは洗濯機のカビが心配。通常の液体アタックと併売するのだろうけど、これ一本で統一されてしまうともうアタックは買わなくなるかもしれない。それとも石けんを洗濯洗剤につかうことで起こる不都合は解決されてるんだろうか、謎だ。

現在日本メーカーで優秀な洗剤は花王ニュービーズ、アタック、ライオントップだ。ついこないだまでトップには酵素が入っておらず、はっきり言って汚れが落ちてねえだろ、っていうていたらくだったが、現在は解消されている。
今のラインナップは実に充実しているが、P&Gが強いためだろうか花王の詰め替えは都内では208円で買えるときがある。というかアタックやビーズは本体が208円で買える。アリエールの性能が高すぎることと、内容が伴わない中身を完全に覆すマーケティングでがんがん売りまくるボールドに押されているのだろう。変なアタックが出てしまった。

花王の濃縮ノウハウとP&Gの売れ線をニコイチしただけに感じられ、パッケージは謎のエコを前面に押し出している。しかもにおいがくさい、トイレの芳香剤みたいだ。どうして妥協しまくっちゃったんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »