« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月25日 (日)

Windows7を入れようとしてみた

一昨日届いていたWindows7Professionalを入れようとしてみたが、以外と面倒なことに気がついた。

まず、VistaHomePremiumに標準的な上書きアップデートができない。HomePremiumからprofessionalへの上書きアップデートはできないので、HomePremiumからのアップグレードを考えている人は机の上にインストールすべきソフトのメディアをすべて用意しておき、必要になるドライバ類も別パーティションにダウンロードしておいた方が良い。新規インストールになるので、丸一日覚悟した方が良い。
※ちなみにアップグレード版で空HDDへのインストールは、Vistaではなく7次隊をアクティベーションを拒否してインストールすると、その上から新規で入れられます。時間がかかるけど、他のWindowsよりは速いからこの状態でイメージを取ってしまうとHDDを交換したいときには便利かもしれない。

そういうわけでワタシは今回、TrueImageを使ってちょっとずつ更新していくことにした。とりあえず7のインストールがすんで、Windowsupdateがある程度終わったところで、バックアップイメージを取った。この段階でさっきまで使っていたVistaHomePremiumに復元していったん終了。後は来週からちょっとずつ使うソフトを入れて切り替える予定だ。

TrueImageは非常に安心感がある。これが入っているだけで何となく入れようかどうか迷っているソフトの体験版を試すのはもちろん、単純なトラブルやデータ消失にも簡単に対応できる。バックアップイメージから直接データを取り出せるのも非常に便利でとにかく手放せない。

昔昔Windows98SEを使っていた位の時代まで、ノートンシステムワークスが非常に心強かった。Windowsのセットアップ直後でさえ異常箇所があるOSだったが、ノートンはそこを修復してバグさらいをしてくれ、さらに現在のPerfectdiskと同じような処理が可能なデフラグを実装していた。XP以降のシステムワークスはシステムを直接修復してしまうということはしないし、デフラグはDiskkeeperと何ら変わりない普通のメンテナンスソフトになってしまっている。

話は戻ってWindows7だが、起動時間はVistaとそんなに変わらないような気がする。おそらくデスクトップが現れてから触って良いのかいけないのかわからない読み込み時間が短いんだと思う。一つ気になるのはWindowsUpdateのショートカットをスタートメニューに移動できない。デスクトップにおいておくか、直接クリックすることになっているようだ。どういう意図なのかは不明。


64bit版だがTrueImage11はバックアップ系の動作は完全に動作する。地獄のような便利さを誇る試用モードは試してないので不明だがなんか動きそうだ。
WindowsUpdateは発売後2日なのにものすごい数がくる。
32bitアプリでもおそらく電気屋やamazonでパッケージ販売しているようなソフトはほぼ動く。特に海外のソフトはきちんとマイクロソフトの認証を取っているものがほとんどなので、動かないものを見つけるのは非常に困難。Vistaでもすでに動かないソフトを自力で見つけることの方が困難だったため、あっという間に個人が検索を使わずに動かない32bitソフトを探すことは不可能になると思う。どうしても動かしたい古代のソフトがある場合はXPモードを使うかXP自体を使った方が良いと思う。そこまで行儀が悪いソフトを現代の環境に入れるのは気持ちが悪い。

デバイスは、Vistaの段階で無線LAN子機以外の非対応機器を探すのは有名どころ(ONKYOのSE-90PCIとか)以外は探すのは困難だったが、その有名どころが対応ドライバを出しているので、事実上個人で非対応機器を見つけるのはほぼ不可能じゃないかという雰囲気。もはや全く気にする必要なしだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »