« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

Thinkpad X60sにOSをクリーンインストールする際の光学ドライブ

その辺のUSB外付けドライブを買ってくればOK。
BIOSで起動順序を変更すれば良い。BOOTから入ってUSBとかそれっぽいやつを最優先にすること。

ちなみに、元々ついているドライブが著しく遅い上に容量が少ないので、換装をオススメする。
6千円くらいで320GBが入手可能。最近SSDの話題が減っているがHDDの需要に水を差したくないということだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

AthlonⅡX2 250でYSSベンチ

YSSベンチを実行したところ、7.2秒だった。
これはちょうどCore2DuoE8300(2.83GHz)と同等。命令実行に関してはかなりIPCが上がった。とはいえ、1年半以上前のインテルがいた場所に3ヶ月前にだいぶ近づいたという形になる。

すっかり廉価な互換製品という感じが板についてしまったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駄目だコイツ・・・早くなんとかしないと(AA省略)

政治と時事ネタはあまり好まぬ故、あまり書かないできたけど、政治の時事ネタであるにもかかわらず、面白すぎるのでメモしとかねばならぬと思った。

鳩山首相が「道徳なき商業」「労働なき富」を制御するそうだ。
自分自身の道徳無き職務と、労働無き富を制御できてないのにさ、これは面白い。高度な諧謔であろう。

稼いでるやつをつるし上げるのはどうでも良いことだ。それをやっても、それ以外の人間を印象操作したいだけにしか映らない。そうじゃなくて、どうやったら所得水準が回復するのか具体的な指示をあかしてくれた方が信用できる。

理念なんて誰でも思いつくが、その具体的な実行と管理、それに必要な国庫支出金と技術と技能に関してはプロにしか無い。仮に「それはおまえだろw」ではなかったとしても、道徳無き商業と労働無き富をどうやって制御するのか具体的なロジックと実行する技能者の説明を少しでも入れとくべきだった。国語の教科書の台詞を技術論なしで語るのは酒場のおっさんレベルだ。


ちなみに「早くなんとかしないと」の元ネタはデスノートである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

virtualapp/didlogical

ナゾのネットワークパスワードがWindows7の

コントロール パネル\ユーザー アカウントと家族のための安全設定\資格情報マネージャー

の中にある。virtualapp/didlogical なんだこれは・・・

ググってもまるでらちがあかない。米マイクロソフトのサポートフォーラムでも情報を受け取ったMSFTの回答がない。
日本語でググってもヒットゼロ件なので、英語圏だけの問題なのか?ってイヤイヤ日本語版だし、日本在住だし。

ヤバいすごい不安だ。

2011/05/15追記
当ブログ「資格情報マネージャーでvirtualapp/didlogicalが現れる件」にて解決。マイクロソフトさんパネエ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

キンタローマンに萌える

数日前見かけたニューヒーロー(に落選した)キンタローマン。凄く萌える。なぜご当地ヒーローとしてでっち上げないんだ!南足柄市にちょっとイラッとした。

クソオ、ヒーローショーがあったら駆けつけたであろうキンタローマン。ハードな世界観でお子様もドキドキなニューヒーローが出現すればよかったのに。市民ではないが、県民としてかなり燃えたのに。

以下ニューヒーロー登場である。


 足柄峠から吹き下ろす風は、あの町の理性を少しずつ奪っている。男は焦燥感を隠しきれぬまま、アクセルにかかる右足の親指をほんの少しだけ踏み込んだ。四輪をぶら下げ滑らかに二四六号線のカーブをすり抜ける黒い曲線は、南足柄市へ向かう速度を少しだけ上げた。

 動了尊最乗寺の結界に守られてきたこの町は、夜、ずるりと動き回る悪意、凶暴に膿んだ意識を引きずる者に正気を刈り取られている。行方不明者や正気を保てぬ者がぽつりぽつりと現れているその向こう側には、その薄気味の悪い悪意があるはずだが、幾人もの人性を奪った人間を超える悪どさと、人体を引きちぎるように幾人もを斃した膂力を決して透かさぬようそれ自身が巧妙に隠している。

 西国の寺からこの町に戻りつつある男は、新しい力を手に入れ強大な悪意に立ち向かう。アラミド-炭素繊維複合体による強靱な外骨格と、鍛えられた人間の強さをそれに納めた彼は、もはやおびえることなく悪意に立ち向かう精神と力を備えている。

 一刻の後、彼と、悪意を音を出すこともなくばらまく「それ」との激突は避けようもなく起こる。様々に輝く四万人の生命と未来を、誰にも知られることなく護らんと、サーッ、と言うタイヤの走行音だけを道に沿って広がる深い森に棲む獣に聞かれながら、丑の刻は来る。

 誰にも知られることなく、誰にも乞われることなく、彼はこの町を命と引き替えに護ることになる。異形の看守、闇の守護者。

 キンタロウマンである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

CorelにWinDVD9PlusのWin7サポートを問い合わせてみた

CorelにWinDVD9のサポートをしてくれないかと聞いてみた。Win7での話だ。

そしたらサックリ、サポートはしないので買い換えれ、と言われた。
どうしても動かしたかったら互換モードで動かしてね、位のことを言っている。
要するに2010を買えってことでしょう。
あのさ、一万円以上したよねこのソフト、買って二年もたってない。ALL2HDが意外と効果なかったからテレパソで使うのあきらめた位なんだけどさ。せめてデスクトップマシンで延命させてよ。

そう思ったけどばっさり切り捨てられました。ああそうだよ。powerDVD9の出来がどうも芳しくない感じだから結局買うでしょうよ。でもさ、アクティベーションがあるし、全部のPCに買うわけにはいかないでしょ?すでにうちのPCはほぼ7なんだ。勘弁してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

windows7にマイクロソフトOS史上過去最大級の設計不良がある

Explorer


と、このようにステータスバーにステータスが表示されない。最大級の設計不良だ。
これまでは何もしなくてもここに容量や情報が表示されていたが、マウスで範囲選択した部分のみレイアウトの詳細ウィンドウに表示される。ただしフォルダを選択してもフォルダの容量等の情報は表示されない。

大量のファイルやビデオの操作を、HDDの残りや占有量を気にしながらの作業をするときに確認が面倒になり、かなり使い勝手が悪化している。この部分ではかなりVistaの方が優れていた。ファイルマネージメントの中でも容量や内容の表示は重要。中身を想像するのに絶対必須。社外製品ではなく、OSとして実装していないといけない部分じゃないのか?

ほかの部分はパフォーマンス的にXPに劣る部分はなく圧倒的に安定している。Vistaよりも洗練されている。だがたったこれだけのことでMS史上最悪の設計不良を持つOSになっている。気にしない人も多い部分だと思うけど、改善してほしい。けど、どこに要求すればいいのか全くわからない。

リテール版だからMSに直接いえばいいのだろうか。ところが、無償サポートにメールをしようとすると、プロダクトIDが対応しないとか出てくるので問い合わせられない。滅茶苦茶じゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »