« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

小型静音PC向け電源を探してみた SFX,TFX電源

リビングの静音PC、TDP95W級のCPUとRadeonHD5770をつけた場合のTFX電源の有力候補
電源計算機で12Vが20.49Aとでた。ので21Aで考えた。

skydigital社 PowerStation2 PS2-T350EF 12V
価格ドットコム
12Vコンバイン324W 安心気味 容量注意

同社 PowerStation2 PS2-T300EF 廃番
coneconet
12Vコンバイン288W 少し心細い 持たないかも

Seasonic SS-300TFX
メーカーの製品ページはあるが情報が全くない
12Vコンバイン252W 4550でぎりぎり。5770は壊れる可能性大

この辺までが候補だろう。
ちなみにAntecのNSK1480に搭載されているMT-350HT(売ってない)は容量350Wで12Vコンバイン300Wだ。少し安心気味、容量注意。うるさい。

他にもAstecというメーカーの400W級を謳う電源 があるけど
SPC-S400
12Vコンバイン240W
これはひどい。ミドルクラス以上のカードでも刺そうもんなら小一時間もしないで昇天するだろう。

SFX電源は
SilverStoneのSST-ST45SF
メーカーの仕様によると、コンバイン432Wを誇る。これ一択だろう。

HECのHEC-350FC-TF
これも静かで良い電源ではあるが、コンバイン264W。小型のケースでミドルクラス以上の装備をしたいとなるとダメだ。死んでしまう。HD5570までか。

電源計算するなら以下サイトが便利
電源容量☆皮算用☆計算機
Antecにも簡易電源計算機があったりする
VGAの能力比較を手軽に見られる南部衆クラン

SFXの方がサイズ的に大きいので、選択肢も多かろうと思うとそうでもない。TFXもSFXもかなり限られた製品の中から選ばないといけないようだ。しかし幸いにもミドルクラスであればそれなりのものが用意されている。そもそも、これら電源でなければ入らないような小さなケースでハイエンドカードを使おうとしたなら、廃熱的に無理があるだろう。ケーブルがギシギシに詰まったケースにこもった500W以上の熱量を外に出さなければならない。2.2KW級エアコンの安定出力時の電力と同程度の熱量が箱から発せられるんだから素直にATXでくむべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

電源が1時間でヘタった件

何年かぶりで3Dゲームをグリグリやってみたのですが、翌朝AntecのNSK3300に載っているSS-300SFDが死亡していた。
正確には死亡寸前という感じで、ビデオドライバを読み込むとクラッシュしてしまう。
画面にゴミがたまって1分くらいで青ゲロをはくという流れだ。セーフモードでも右クリックメニューを開いただけで固まってしまう。

当初主パーツが熱かなんかで壊れた系か?と思ったが、CPUが95Wな以外特に発熱が大きいパーツはない。
しかし、HD4550のボードを足してはいる。これが原因なんだろうと当たりをつけた。
が、公称20Wで4gamerだと50Wくらい行ってんじゃないのっていうグラフが出ているからま、嘘なんだろう。
とは言え、最大戦速でもCPU95W、VGA50Wってなもんで、実際は大してつかっていない。

そこで電源計算をしてみる。皮算用計算機という優れたサイトがある。
なるほど。以下である。
【CPU】 Phenom II X4 945 3.0GHz 45nm L2/512KB×4 L3/6MB 125W
【M/B】 25W - 普通のM/B
【VGA1】 ATI RADEON HD4550
【HDD1】 Seagate ST31000520AS 1TB 32MB
【光学ドライブ1】 Pioneer DVR-116 ■DVR-A16J
【メモリ】 IO DATA DY1333-1G (4320mA 1.5V) ×2
【インターフェースカード1】 eSATA/内蔵SerialATA/USB2.0■IFC-PCI7ESAU2
【その他の機器1】 FAN 12cm CFX-120S 超静音 1.56W
【その他の機器2】 USB&PS/2 有線光学式マウス ■BOMC2-Y01
【その他の機器3】 USB接続 キーボード ■BKBU-J109M
【合計 ☆ 消費電力】  [ 244.05W(最大時) ]

【電源】 Seasonic SS-300SFD ■ 300W / 22.5A [12V] / 20A [5V] / 20A [3.3V]

Seasonic SS-300SFD
【ライン別】  ピーク    12V    5V    3V    アイドル
【電源容量】  300W    22.5A    20A    20A    300W
【消費電力】 244.05W   18.13A   5.30A   0.00A   73.44W
【運転出力】 81.35%   80.58%   26.51%   0.00%   24.48%

【12Vの内訳】 12V合計 12V1(CPU以外) 12V2(CPU)
【電源容量】  22.5A      8A      14.5A
【消費電流】 18.13A     7.71A     10.42A
【運転出力】 80.58%     96.42%     71.84%

■ 電源容量 ☆ 皮算用 ☆ 計算機。
http://www.cost-simulator.com/eco/eco3.html

圧倒的に駄目です。なるほどこういう条件で使うと1時間で壊れる訳だ。容量オーバーで初めて壊したぞパソコン。

保守パーツとして買っておいたHECのHEC-350FC-TCの条件も12Vが壊れるぞこれは。SFX電源でゲームは厳しいようだ。が、とりあえず復旧できたので壊れた原因は確定できた。省電力PCでゲームはPCを壊す原因になりうると言うことか。

という訳で緊急用の保守パーツまで壊す訳に行かないのでシルバーストーンのSST-ST45SF を検討。ATXの標準的なものと遜色ない感じ。
このまま使うとまた壊れそうだからこれかブラケットでATX電源をつけるかだ。

ともあれ、最近のCPUは12V喰いすぎだ。VGAもGPUとか言い始めてからCPUより喰うし。パーツが壊れるほど電気流すな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

niftyのネットワークドライブが落ちている件

つながらないんですけど。
最近安定度も悪くなってるし、これが使いたくてnifty2回線も契約してんのにいったいなんなんだ?
詐欺じゃねー?これ詐欺じゃねー?

前復旧要望入れて以上ありませんとか言われてすげー小馬鹿にされたし。頭にくる。
手動で駄目ならってことでieから接続してみようとしたら、ネゴしようとしてそのまま固まって帰ってきません。再起動ですか。

ちょっと大事なファイルいっぱい入れてるんですけどなんて事してくれるんだよ。

今回もまた要望を出したけど、クレーマーうざいみたいなこと言われるんだろうなきっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

ギガビットルータを使ってみた

WHR-HP-AG300Hというギガビットルータを使ってみた。

当然無線はnagbだが、そこはあまり気にしていない。nで動作する機器を一つも持っていないためだ。それよりも、自室とリビングのテレビは有線接続されているため、機器同士お互いがファイルサーバーになっている。結構映画を引っ換え取っ替えするため、100BASEだと実にイライラする。手持ちブルーレイのバックアップファイルの転送とか40GBだ。今まで使っていたルータの実行速度が、最大12.5MB/秒で平均でも大体12MB/秒を下回らない(理論値いっぱいまで出てるような気がする)けど一時間近く掛かる。

それが40MB/秒近くでる。すんげー速い。16,7分もあれば転送できてしまう。DVDなら1,2分。スンゲー快適だ。
ファイルサーバーを使ったBDの楽しみ方っていうのが広がって実に楽しい正月である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AccessConnections Ver.5.72 でまともに接続できていた件

これまで3年半にわたって不愉快な思いをしていたThinkPadX60sの無線LANだが、AccessConnections_Ver.5.72をインストールしてみたらやっと普通になった。

この前のバージョンていうのがくせ者で、タダでさえアホ丸出しだったネゴがさらにアホになっている代物だった。何しろ一度ネゴしても10分と経たずに切断してネゴし直す。21世紀の機器とはとても思えない。さらに突然ソフトが自分自身を見失って動作不能になるというバグまで実装していた。中国過ぎる。

というわけでバッファローのクライアントマネージャを常駐させて解決していた訳だ。コイツは当然のごとくきちんとネゴしてくれてソフトからAOSSを実行でき、さらにブラウザからAOSSの本体スタートまでできるという快適なソフトだった。弱点はNICの電源プロファイルと連動しないという部分はあった。

で、2006年に発売されたThinkPadが2010年になってやっとまともに動くというのが感慨深い。

ちなみに2007年12月のパッチで tvtsched.exe の CPU 使用率が 99% になる問題の修正スケジューラパッチ
っていうのがあるが、これをインストールすると確かに直る。しかしSystemUpdateにずーっと表示され続けている。
今時自動アップデートの管理もできないソフトを作ってるってのが駄目すぎる。

X60sのハードウェア自体はかなり完成されていると思うが(何かで少しでも浮かさないと右手が熱くなると言う間抜けなところはあるが)、ソフトはやっぱり駄目すぎる。メラミンミルクやビニールわかめ、毒餃子といった製品群と同じベクトル上にあるような気ががしてならない。

メーカーは国営企業だし、最近の情勢を考えるととても気分良く買い換えっていうことにはまずならないだろうな。
日本のユーザーをバカにしまくってるのが頭に来る。横浜で日本人がこんな会社のハードウェアを開発してるのも非常に腹が立つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »