« 自衛隊の削減とか原子力とか | トップページ | 報道管制がひどい件 »

2011年3月19日 (土)

MSN 産経ニュースによると米軍待機らしい件と放水の件

>活動限定にいら立ちも 米軍即応部隊「待機」
>2011.3.19 18:40
> 東日本大震災と福島第1原発の事故を受け、米軍は空母や無人機を投入して支援作戦「トモダチ」を本格化させている。ただ、発生から1週間余りが経過しても即応部隊である海兵隊の現地入りは限られ、放射能対応を専門とする部隊も待機状態。日本から具体的な任務を要請されず「能力を持て余している」(軍事筋)米側から、いら立ちが垣間見える。

> 「実はまだ任務が与えられていない」。米国防総省当局者は18日、沖縄のキャンプ・ハンセンを拠点とする海兵隊の第31海兵遠征部隊(31MEU)約2200人が、秋田沖の揚陸艦3隻で「命令待ち」の状態が続いていると明かした。米軍支援は日本の要請に基づくのが原則だ。(共同)


とのこと。日本政府って頭おかしいんじゃないのかな。あと、命をかけて出動待機をしている米軍をバカにしてるヤツ。飲み屋でバカにしてるヤツ。自衛隊をバカにしているヤツ。人生で一回でもバカにした方達。もう覆せない人生の汚点です。普段から彼らはそういう覚悟をもっている人たちです。頼むから選挙で勝ちたいとか石油が欲しいだけとかそういうマンガやテレビで覚えた的意味不明な見下し方をやめてください。

彼らは基本的に、母国民と同盟国民を絶対見捨てません。それ以上の犠牲を覚悟してでも1人を見捨てません。米軍も、自衛隊もです。だから、平和な場所から、安全な場所から、彼らを見下さないでくれと。それでも彼らを憎むのであれば心の中にその呪いの言葉をしまって絶対に出さないでくれと、思う。


>「放水直後に放射線量ゼロに。命中していると思った」東京消防庁隊員
2011.3.19 23:37
>冷却機能を失った福島第1原発の使用済み核燃料プールに向け放水作業を行った東京消防庁の隊員3人が19日夜、記者会見した。佐藤康雄警防部長は19日未明の放水について、「放水直後に放射線の濃度(放射線量)がゼロに近いくらい下がった。(使用済み核燃料貯蔵)プールに命中しているなと思った」と話した。

> 佐藤警防部長は「敷地内の道路は、津波の影響でほとんどの道路が大型車両の入れる余地がなかった」と振り返り、風向きや放水位置など「どこに停車すれば効率いいか調査してきた」と述べた。

> 放水に使うホースの接続作業は約40人で行ったといい、「(放射線被曝の影響を避けるため)できるだけ車両から降りないで機械でホースを伸ばした」と語った。

警察、自衛隊が筋道を切り開いて消防が目標にたどり着いた。皆命を捨てて任務にあたっている。本当に涙が出た。この事態が少しでも好転した瞬間にこの大事故を忘れてしまう人はきっとものすごく多いのだろうと思う。はっきり言ってもう今後の人生の中でそういう者を全く信用できないし、人間として認識するのも困難だろう。

なるようにしかならないとか言う人間や、自分は待つだけとか言う人間も同じだ。この事故の後始末で命を落としてしまうかもしれない方たちのことを考えたらそんなことを本心から言えるんだろうか。マンガやテレビの台詞をまねしている場合では本当にあり得ない。全力を出した結果なるようにしかならないのは作業にあたる隊員たちであり、待つことしかできないのはその家族だ。

じっと彼らのことを考えれば、日常でどのような意志を持たなければならないのかということや、異常な状況下に至ったときに出来ることの中で何を選ぶのが大事なのか、そんなことが思い浮かぶはずだ。
なるようにしかならない、目の前のことだけやってればいい、その時はその時。そんな考えの馬鹿馬鹿しさと幼稚さに気づいた人も多いのではないだろうか。

自分や周りの人間の健康を奪われる危機にいま直面している。今やらなければいけないことや、今本当に居なければいけない場所は本当にそこなのだろうか。もっとよく考えなければならないと思う。それは事故現場に直行することや、作業にいくという意味ではなく、自分の立ち位置を見回して考える範囲でのことだ。一人一人に大切なことはそういうことではないだろうか。

|

« 自衛隊の削減とか原子力とか | トップページ | 報道管制がひどい件 »

所感」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MSN 産経ニュースによると米軍待機らしい件と放水の件:

« 自衛隊の削減とか原子力とか | トップページ | 報道管制がひどい件 »