« HGST売却!無念。 | トップページ | 自衛隊の削減とか原子力とか »

2011年3月12日 (土)

地震とか福島原発とか津波とか

wikiによると1号機の営業開始は丸40年前だという。
今も状況が悪くなり続けている停止事故は、起こるべくして起こった。そういう事故ではないだろうか。

新潟の柏崎刈羽原発は新潟中越沖地震で、想定を越える加速度だったと原因を説明していたが、日本でその想定ではだめだというのを印象づけた出来事だったと思う。
にもかかわらず、炉自体の損傷ではなく、冷却装置の故障で異常発熱の処理に追われるのは周辺装置の対策が不十分だったようだ。なぜそこの拡充をしなかったのだろうか、政府は。
おそらく全国の原発が同じような水準の設備がついている。地震で同じように冷却装置が壊れるのだろう。

作業に当たっている現場の方たちの命を深刻な状況にさらしている。周辺の住民の健康を危険にさらしている。東北や関東の人間の日常を壊そうとしている。この原発の運用はもう中越地震の時点でわかっていたのではないだろうか。電力会社や幹部の人たちは人口のかなりの割合をこういった危機の中に放り込んでいる。

しかし思うのだが、事業仕分けとかいう小学校の季節行事みたいな名前のイベントで、原発を優遇して火力発電に対する交付金を削減したはずなのだが、その分発電リソース比率的にリスクは高まるはずだが、そのためのケアを全くしていないことが見え見えである。

火力発電をただ減らしただけで、既存原発の最新鋭設備への入れ替えも全くしていないというのはどうだろう。政府の体をなしていない。各省庁のエース級官僚や東京電力の技術者が優秀だからこの程度の自体ですんでいるだけではないだろうか。

日本の大きなだめなところが二つある。
本当に高性能であるかどうかもわからない理論だけは立派な機械を、たいした安全率もとらずに実戦投入してしまうこと。
そういう実態を理解する能力自体が欠落した政治主体が、わからない人向けの図解程度を見ただけで、それすら理解していないのにすべてわかったと勘違いして法律を作ってしまうこと。

今回の事故も、原発の実態を技術資料を読んでもおそらく意味を理解する足がかりさえつかめない人たちが、専門家に指示を出しているのだろう。何しろ、

「コンピュータが2番で何がいけないの?キヒヒ」

とか言っている蓮方は、原子力に大規模シミュレーションが必須と言うことも、発電の火力比率を下げた場合の難しさもたぶん理解できない。そもそも理解するためのバックグラウンドを一切持っていないだろう。子供時代にでもタイムスリップして、科学とか技術に少しでも興味を持って漫画を読んだりおもちゃ遊びをするところまで戻らないといけないレベルで欠落している。彼女の頭の中にはそういうことを考える容量は1ピコグラムもないだろう。在るか無いかというレベルで「無い」。

そういう議員に投票するからこういうことになる。そういう人が所属する党に望みをかけるからこういうことになる。
今も都内がガンガン揺れている。政府閣僚がテレビにも全然出てこないし、原子力の運用技術のプロ集団である米軍にそのための救援を要請してすぐにでも連携する準備が存在していなかったことが恐ろしい。

国が他国に責任を持つたぐいの大きさのインフラを、どうせ税収で帰ってきてしまう支出程度の仕分けとかいう幼稚なネーミングの行事でコントロールしようとするからこういうことになる。こんなくだらない理由ででケチる意味がわからない。

CO2を理由にするなら、原発を減らしながらCO2を削減吸収するインフラ自体を作る必要もあるはずだ。だから原子力を増やすという発想になることがおかしい。これは企業が出しゃばることはなく、時間が掛かっても良いことだ。
たとえば産学連携で、藻類からの重油合成に成功しているが、こういったことがただ成功しただけで終わる背景には政府のこういった無力さがあり、政府がどう無力なのかを理解する能力に欠けた人の多さも在るだろう。
ちなみにこの重油を作る藻の培養は東北の大学の実績だ。

こういう政府だ。それからこういう政府に投票してしまった人。同じレベルだ。政府の彼らはそれを演じて食っていく、職業としてそれをわざわざやっている人たちだ。彼らは演じているだけだ。彼らには自覚症状があるはずだ。だが直さない。そうしていても大金を得ることができるから変える必要がない。

でも、投票した人たちは変わらないとそういうレベルのまま一生を過ごすことになると思う。
スーパー堤防というふざけた名前がついた計画が廃止されたことで、大喜びだった人たちに言いたいことがある。
200年に一度の大洪水を防ぐために永続事業をやるのが馬鹿馬鹿しいという。東北で真剣に取り組んでいたらどうだったんだろうか。政党事務所に出向いて、ひいきの議員に事情を説明して技術的な代案を提示した上で話し合って、納得して投票したのだろうか?
仮に神奈川で10メートルクラスの津波が全域に到達したら大変なことになる。全力でこれを防ぐ代案を何か出しただろうか。廃止して余った費用を全額代替事業に回したのだろうか?そのための献金をしたのだろうか?

200年に一度どころか、日本有史最大の地震と津波が町をすべて流してしまった。死体が浮いたその海岸を見て、200年に一度ときちんと定義された水害を防ぐ設備を物知り顔で切り捨てた人間をとうてい許せない。

原発も津波も、防げなかっただろう。けど、本質的なところで防ごうとしてない。それが許せない。

|

« HGST売却!無念。 | トップページ | 自衛隊の削減とか原子力とか »

所感」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震とか福島原発とか津波とか:

« HGST売却!無念。 | トップページ | 自衛隊の削減とか原子力とか »