« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月24日 (日)

暖かくなってきた。洗濯戦略の季節。

暖かくなってきた。そろそろ洗濯機がカビに気を遣う必要が出てくる。

冬の間は水温が低く、洗濯槽に皮脂が蓄積する傾向がある。蛋白汚れなども同様にたまりやすいといえる。この季節は気温も低いためカビの問題が顕在化しないことがままあるが、気温が20度を超えてくるとやはり蓄積してしまった物は一気に腐敗する。

よく考えてみると脂と蛋白である。高カロリーな物質が閉所に暖かく保たれているわけだ、雑菌と一緒に。カビだけではなく腐敗にも気を遣うべきだろう。臭いが臭いとか言うだけの問題ではないことに気づくべきだ。当方では台所の布巾を洗濯機で洗っている。最小水量で(水30Lならハイター70ml、花王のガイドによる)で消毒する。正直それだと半端ではない強度なので半分程度で使っているが、汚れの内容、洗濯機のにおいや調理内容や天候でそれ以上の濃度で使うこともある。

ちなみに、次亜塩素酸での失活を確実に行うためには、ピューラックスの様に厳格に管理された薬品を使うと良いと思う。ピューラックスは水道水薬品であり、間違いないにもほどがある品質で、希釈の際足りずに事故が起こるということがあり得ないので。ちなみに水量10Lに対し、ピューラックス33.4mlで調理器具、布、床(!!)までの失活が可能。床て。

ハイターもピューラックスも塩素濃度は6%で、ピューラックスは厳密に6%なのだが、家庭ならハイターをピューラックスの濃度で使っても問題ないと思われる。ちなみに食品生産設備や病院のコンクリートの床や作業着への濃度をそのまま家の中に使うと色々な物が傷む恐れがあるので、食中毒が明らかに発生している状況下でない限りは洗濯機や流しの中以外での高濃度の使用は熟慮の上行うべきだろう。

以上は食中毒対策。

以下は普段の洗濯機メンテナンスだ。
これは何度も言うが、隔週や月一でのハイター一本丸ごと投入での槽洗浄コースが重要。当方では布巾を洗濯機で消毒するため、二日に一度は常に消毒液が使われている。これも衛生的に実によく機能しているし、手洗いでジャージャー何十リットル持つ買った上に布巾が茶色いということもない。15年前に買った日東紡の布巾を今でも毎日使っている。またこのおかげで洗濯機が極端に汚くなることもない。

ちなみに布巾の使い方は、15枚程度の布巾をティッシュの様にちょっとでも使ったら専用かごに入れて、たまったら洗うというスタイルだ。汚れきるまで使わないので、毎日新品よりもきれいな布巾が使えるし最小水量の洗濯機は水をジャージャー使わないので気を遣って手洗いするのと大差ない水量だ。そもそも水は日本が壊滅したり地球が壊れない限り枯渇しないから、常時にはあまり気にしない。今は非常時に近いところがあるが水道事情は放射能以外は気にしても仕方ないだろう。

それから洗濯洗剤は3大ブランド以外を使うときは石鹸の有無をよく確かめること。石鹸が入っている場合は、そのメーカーが自然主義的教議を猛進しているのか、マーケティング上仕方なく容れているのかをきちんと読み取ること。後者であれば石鹸を落とすための合成洗剤がきちんと混ざっているはずである。それでも落ちきらないので、食器洗剤などの高性能洗剤を自分で混ぜる。石鹸という界面活性剤は衛生上洗濯機に使うにはカビや腐敗のリスクがあることを理解するべきだ。

そういうわけで梅雨への猶予が一月強となってきたからには洗濯戦略が面白くなってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカ様に頼ってみる

きちんとした防災用具をそろえようと思い、水や食料を買い込んだ。緊急時の衣料や、靴なども軍用品があれば心強い。リュックサックをいくつか用意しておけば万が一住居を離れなければならない事態の避難用具等物品の輸送に幅を持たせることができるし、枕やオットマンにもなる。レプリカでも十分に機能する。

しかし、日本の通販や小売店で壊滅的に手に入らない物がある。ランタンだ。それも電池で使えるLEDの品物だ。旧来の懐中電灯があまりに点灯時間が短いため、電源になる単一電池の品薄感もすさまじい。雷による停電程度なら役に立つかもしれないが、災害時には豆電球の巨大なラジオ付き懐中電灯など役に立たない。ああいうのは災害時には数時間の使い捨てだ。災害用品ではなく、アクシデント用の短時間照明くらいにしかならない。

で、やはり照明はエネループやアルカリ電池で光るLEDのランプ一択になっていくわけだが、日本で買うと死ぬほど高い。品薄につけ込んだ悪質な値付けといわざるを得ないような物でAmazonが溢れかえっている。300円で買えそうな子供のおもちゃ的なランタン風LEDライトが2500円もした。背に腹は代えられず2つも買ってしまっている。

で気がついたが、Amazon.co.jpじゃなくて、.comで買えばよかったのではないだろうか。災害で慌てていたため、輪番停電が行われていた先月、慌ててアマゾン(日本は以下アマゾンさん)さんで買ってしまったのだ。マーケットプレイスは詐欺といっても良い様な品物だらけで、その中でも上級詐欺みたいのに引っかかってしまってしたわけだが、品物がないから避けようがなかったんだとあきらめていた。

そのくせだ。そのくせ。そのくせその間輸入盤とか普通にAmazon(アメリカ様は以下Amazon)で買ってるわけ。普通にドリームシアターの旧盤とか、停電明けに買ってるわけですよ。で、災害開始から40日目でやっと気がついたわけです。

ランタンとかアメリカのブッチギリ高性能のガチキャンプ利用前提のヤツとかAmazonで買っとけと。はっきり言って日本人のくせに(じゃないかもしれないからイラッとくるが)災害を食い物にする様な詐欺業者から買うくらいならはじめからアメリカ様に頼るべきだった。24ドルくらいで300ルーメンの結構明るいヤツが手に入る。
アマゾンで買ってしまったランタンはこれで40ルーメンとのこと。殺意が湧く勢いだ。ほんとに100円ショップで200円で売ってる感じの質感だ。

とりあえず緊急用のバックアップ照明は手に入った。電池やらなにやらは近所の電気屋さんで買っている。こういうときにアジアのどこに金が行くか解らない量販店や通販ではなく、アメリカか近所の電気屋さんを使うべきだろう。中国や韓国を使わないと不可能な安売りで、恩着せがましく日本のために値下げしたとか訳わかんないこと言ってる業者は全く信用できない。

こういうときに頼りになるのはアメリカの通販と日本の近所の実店舗だ。災害時には、アメリカは世界征服を狙っているとか帝国主義だとか、何歳まで脳みそ涌いてんだ的新興宗教の教義を該当する人は中断するべき。また安さは正義とか道徳とか思ってる人も少し落ち着いた方が良い。こんなときに投げ売りなんかしてたら日本がガタガタになる。数十円から数百円の差しかない激安や、どう考えてもおかしい家電量販店の投げ売りまで、世界中で色んな経済がガタガタになっている共産圏のペースにこんなときまでつきあうな。適正な価格って物があるだろう。品薄で色んな物が少し値上がりしているが、落ち着け。高騰してる食料品以外はそれでも昔より安い。

詐欺師にだけは気をつけろ。アメリカと近所の実店舗を巧く使え。災害時にはアマゾンさんのマーケットプレイスとか日本の大手のネット通販なんか糞の役にも立たない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »