« ハイレゾをきいてみて | トップページ | ハイレゾを44.1kHzにダウンコンバートしてみる。 »

2017年11月30日 (木)

DSDをPCMに変換する

DSDの11.2MHzをPCMの384kHzに変換してみた。
moraの無料音源で、サティ・ジムノペディ第一番。スマホのmoraアプリからダウンロードして、PCにバックアップしたものを変換した。

DSDのまま(dfsのまま)解析する事が出来ないので、PCMに変換してみることにした。
この段階で疎密波としての情報は失われて波形情報になってしまうが、今回は

・384kHz
・44.1kHz
に変換。
波形を、同じデータから同じ部分で、同じくらいのスケールで比較することで情報量がどれくらい間引かれるのかを比較してみた。

実際の波形がこれだ。
Dsdpcm441384

見ての通り、振幅情報はCDのサンプルレートとPCMの上限では圧倒的な差が見られる。

ただし、カーブ自体が非常に似通っているため、これってオーバーサンプリングや、1bitDACで積分したら、おそらくまったく区別がつかないのではないかと思ってしまう。
無料のサンプルとしては、こう言ったピアノ単体などは、波形が単純にならざるを得ないし、音が重なりにくいため、PCMの弱点は出にくく、DSDとの差はほとんど出ないのではないだろうか?

もっと複雑な構成と、音数の多く音圧もギリギリを攻めてくるようなプログレッシブロックや、最近のメタルなどの法がもっと簡単にCDの限界は突破しやすいと思う。
音圧や振幅に余裕があるソースを聞き比べても、おそらく判別できない。

|

« ハイレゾをきいてみて | トップページ | ハイレゾを44.1kHzにダウンコンバートしてみる。 »

音響」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DSDをPCMに変換する:

« ハイレゾをきいてみて | トップページ | ハイレゾを44.1kHzにダウンコンバートしてみる。 »