« 2017年11月 | トップページ

2017年12月

2017年12月18日 (月)

CreamのWheels Of Fire が清々しいほどニセレゾな件

192kHzを44.1kHzにダウンコンバートした。
Whiteroom

この通り、全く同じ波形が現れた。
CDを192kHzにコンバートして、スキマは全部0が入ってる品物と判明。
ここまで凄まじいニセレゾは初めてお目に掛かった。
上位から順にダウンコンバートしていくと、少しずつ変化が見られるのが普通だが、これのばあいはまったくのCDであり、44.1kHzであり、16bitである。

ここまでされると清々しい。
スペクトログラムでも22kHzでカットされており、CD品質であることが確認できた。
凄まじい。
moraで購入したが、完全に詐欺だこれ。ビックリである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

ハイレゾのブラインドテストは、全部ハイレゾに聞こえる件。

NTTコミュニケーション科学基礎研究所の錯聴に関する記事は、ハイレゾの聞こえに関する分かりやすいヒントになる。
今回は、良くハイレゾとCDを区別させるブラインドテストに疑問を感じている件。

結論からいうと、同時にハイレゾとCDを聞くと、どちらを聞いても良い方の音に聞こえてしまう。ということ。
だが、それはハイレゾに意味がないと言う意味ではない。高音質な音源を脳が憶え、そうではない音源に対して補正を掛けてくれていると言う意味だ。

ブラインドでテストした場合、複数回聞くと音が脳に補完されてしまい、「結局何を聞いてもいい音」になる。
聞けば聞くほど、強固に脳が補完するため、結果は逆に混じってしまう。二重検盲にしようが、記憶と照らし合わせて良い方の音を脳が見本にしてしまい全部ハイレゾに聞こえる結果になる。

エンジニアや音楽家を対象にした試験が良く引き合いに出されるが、判別できなくなることをもって「ハイレゾは無意味」と言う結論にしたがる事が多い。
だが、エンジニアや音楽家は脳に高音質な引き出しがたくさんあるのだから、補完現象は常人よりも強く起こるのだからまったく判別できなくなるのは当然だと考える。
ブラインドテスト自体が音響心理や脳科学、耳科学からみるとひどく非科学的。処置が時間軸でまざってしまっている。エビデンスグレードは4~6と言ったところで、どちらかというと「一部の専門家がそう言ってる」レベル6に該当してしまうだろう。

脳で起こっている出来事に関しては、上記NTTコミュニケーション科学基礎研究所は錯聴一覧もあり、非常に便利なサイトで、参考文献も載っているため、使い勝手が良い。

話は飛ぶが、言葉の聞こえでは、聞こえにくい、あるいは聞こえない環境にあっても脳は何回か同じ事を聞いたり、イントネーションをくっきりさせるなどの補足情報から聞こえている状態と同じ音声を作り出す。
環境音の中では日常的に行われており、ボーッとしていたり疲れていると聞きこぼしが増えるのはこう言った補完が行われにくくなるからだ。

音楽でも同じ事が起こる。鼓膜から入ってきた情報と、脳に蓄積された情報が突き合わされて音楽となる。

この記事で説明されている、連続聴効果だが音楽では圧縮音源はもちろん、マスタリングでも多用されている。
そもそもPCMでは、空気の震えの押し引きではなく、一定の時間ごとに波形を指定してデータを組み立てている。0.000022秒ごとに1回、周波数を決めて次はこれ、次はこれと固定値を当てはめ続けている。
単音では人の耳が連続音として聞こえる周期よりも細かく出来そうだが、音数が増えてくるとそうも行かない。
、ダイナミックレンジを稼ぐために、似た周波数の楽器をミキシングで落としたり、ソフトウェアで波形分布を調整するのは圧縮そのものと言える。

波形とスペクトログラムは相関している。
Photo

スペクトログラムと波形を見ながらの編集も可能だと一瞬思ってしまうが、人力では気が遠くなるほど一マスが小さいことや、それを解析する意味があるのかどうかよく判らない。
ソフトウェアが相関関係を判断して振り分ける方が合理的で、それがコンプレッサやで、それがコンプレッサやマキシマイザをかけたり、いっそ高サンプリングレートなものをダウンコンバートした音源なんだろうとも思う。

それで、結局そうやって音質がよくなってくるとどんどん脳はいい音を蓄えていって、柔軟に補完する。
いい音を聞けば聞くほど、脳に情報が貯まって古いものでもいい音になっていく。
そう言う意味で聞き手にも作り手にもハイレゾには意味がある。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

ハイレゾを44.1kHzにダウンコンバートしてみる。

TASCAMのHi-Reseditorで、ハイレゾをCD音質に変換したものを作成。
その上で音響分析をしてみた。
それで……波形分析で驚きの結果がえられた!

Iron Maiden のcaught somewhere in time の製品版CDが上で、ハイレゾが下。
Cd441


これはハイレゾを44.1kHzに変換した波形との比較だ。

96to441


一目でわかるが、波形の目視でさえどちらがどちらと見分けることが出来ず、音質も差が分かるレベルではない。


次に、ハイレゾの中でも波形がギチギチに詰め込まれているEarth Wind &fire のfantasyをハイレゾから44.1kHzに変換してみる。
Fantasycomp

こちらはグラフを対数にしたりすると差が視覚的に差が分かる、と言う程度だが違いが物理的に存在することが見て取れる。
だが、聴感上どうかというとハイレゾとダウンコンバートの間に優位な差は認められなかった。楽器が多く重なったとき入りきれなかった小さな片隅のパートが途切れ途切れになっているなど、元曲を相当に聞き込んでいないと頭が認識しなくて、そのせいで聞こえない事が多い、というレベルの差だった。


こうしてみると80年代の製品盤CDからは、音量や波形の大きさは正しく進化しており、明確に解像度があがっているが、ハイレゾの製品でCDにすっぽり収まるマスタリングをしてしまっているものも多く存在し、44.1kHzと波形レベルで同じ音がするから恐ろしい。詐欺だ。
一方でハイレゾを買ってダウンサンプリングすると、過去のマスターで収録されたCDよりも情報量が確実に多い。
これは、今後段階的に何度も同じ曲を買わせる作戦な気がしてしかたがない。
買う側の防衛戦略としては、波形を目視で確認して聴感ではなく、詐欺レゾを切り捨てるということをしていきたい。

と言うわけで、ハイレゾについては、波形を目で見てからじゃないと買うようなものではないことが分かってきた。

ライターやオーディオマニアの話は、聞こえない超音波を強固にイメージすることで生じる「連続聴効果」や、「多義的知覚」にちかい補完をしてしまうため参考にはならない。
聴覚は入力に対して脳が補完するので、ブラインドテストは医学的な視点で十分に科学的ではないと思っている。
ブラインドにしたところで、波形が似通ってしまえば脳が両方を同じ音に補完してしまう。


波形を見せもしない売り方については非難したい。

とは言え、ハイレゾ化を期にCD時代のインチキマスターをCDの器を活かしたマスタリングに作り直されたソースが増えているとも言えるので、その部分だけは歓迎だが、そこに合理的でない値段がついていることに頸を傾げざるをえない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ