PCメモ

2015年3月30日 (月)

自称 monsterPC とか。もう終わってる。

VAIO Zとかいう普通の高額パソコンがでた。もう家電過ぎて呆れて物も言えない。

こんな普通のスペックで13インチ。アスペクト比が16:9。挙げ句の果てには2560x1440とか。
19万円もして、可動部多すぎ。

もう悲惨過ぎてかける言葉も……。PCは画面で作業してなんぼだって。なんで、こんなモンスター縦狭いヤツ作ってんだよ今時。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

ThinkPad X250は確かに、強力なPCだが巨大な落とし穴がある。

2015年のThinkPad X250は、それはそれは強力なPCだと思う。
なにしろ強力なCPUを選択可能で、2系統のバッテリーを搭載しており、Macを遙かに超える長時間運用を可能としている。さらに指紋認証や強力なSSD、衝撃分散筐体、通水構造、最強のキーボードと一見、一見だが全く穴がない。
史上最強のモバイルに見える。

だけど、液晶が16:9であり、横にヒョロヒョロ長く、対角12インチしかないため恐ろしく縦が狭い。
この巨大な落とし穴のせいで、X250は道具として酷く不完全だ。

本当に恐ろしいほど縦が狭い。X60やX200みたいな4:3や16:10の時代は、物理インチサイズが縦に長ければ解像度が低くても、かなり大きく画面を使う事が出来た。
だが、今は横に長く縦の比率がおかしい。物理的に縦の尺が短くてびっくりするほど画面が狭い。

画面に書類や何かを表示する際、一番重要なのは、像が物理的に何㎜、何㎝、何インチで表示されるかだ。
像を構成する素子が何ドット有るかなんかはっきり言って後回しだ。だいぶ後回しで構わない。なんならやんなくても良いくらいだ。

アスペクト比を縦重視に戻す。これが今の道具に必要な事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

気がつくと光沢液晶が絶滅している。次はアスペクト比だろう。

日本のベンダの影響力が空気になったからだろうか。すっかり光沢液晶が駆逐された。
自発光ディスプレイみたいに見栄えして一見色が良いのだけど、蛍光灯が映り込むから凄く見にくいものだった。一過性の、いかにも用途や使い手の個性を無視した日本的なアイテムだったと思う。

反射率や周波数ごとの透過率は別添えの保護パネルでコントロールする方が性能が良く、よくもまぁあんな薄膜の表面だけの光沢液晶が流行ったもんだと今になって思う。80年代のファッションみたいにメディアで良い良いいわれると信じてしまうところがこの国にはある。
自浄作用もあるのがこの国の特徴で、真実に気づいてしまうとそうそう同じ轍を踏まない。液晶の表面加工に気づいてしまったら次はアスペクト比のおかしさに気づきはじめるだろう。

パソコンに余り興味が無くても、データ入力などを仕事にしている方からもさすがに会社が16:10から16:9になったとき、表示できる領域が狭くなったり、同じ文書を表示すると文字が小さくなったことに気づいたという話を良く聞いた。
液晶作ってた人たちも、買い手が興味を持っていないからと言って、また、知識がないからと言って、気づかないままおかしなものを買わされ続けるわけがないと言うことを痛いほど分かっただろうなと思う。変なもん高コストで作ってたら見事に買われなくなっているし。

Appleが13インチのMacBookで1440X900と16:10を堅持しているくらいだから、彼らは真剣に道具として使ってる人向けに16:9をやったら買われなくなることははじめから自覚していたのだろう。対角13インチで横が74ドットしか伸びずに縦900ドットもあると明確に1366X768ドットよりも情報量が多く使いやすい。
でかでかとアスペクト比16:10と書いてあり、ユーザーの教育にも努めている。本当にノートパソコンを道具として使う事を考えており、それをユーザーに喚起しているいるメーカーから選ぶと、今のところApple一択と言える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

16:10 はやがて復活するとは思うのだけど

日本語でも横書きが当たり前だが、一行が45文字以上になると可読性はどうしたって下がるだろう。
横の解像度がいくら上がったところで、字が小さくなるだけだ。DPIが小さくなればそもそも字が小さい上に一行の文字まで増やすと言うどうしようもなく低機能化が進むに決まっている。で、現在パソコンメーカーはその道を爆走中というわけだ。

そもそも、ワタシたちはパソコンに何を求めているだろう。動画のエンコード、3DCG、CAD、プログラミングだろうか?本当にそうか?このどれもが横解像度だけの増加や、視認性の落ちるDPIを臨んでいない用途であると理解しているがどうだろうか。
例えば、ワタシに馴染みの深かったCADなどは、円を大きく描ける方が使い勝手が良い。つまり、正方形がベストだ。ただし、アイコンやツールパレットなどを浮かべるにはやや横長が良い。つまり、16: 10位が丁度良かった。
時々やってたコーディングなどはそれこそ縦が長い方が良い。横に長いとプログラムを追い切れない。

一番馬鹿馬鹿しいのは、映画やアニメのBDを見るにしたって、16:9のモニタでは16:9のソースにシークバーが被さってしまうではないか。お気に入りのシーンをシークするとき邪魔だ。不愉快。
昔、16:9に市場が毒される前、
「16:10だと上下に黒い線が出る。16:9なら出ないから優れてる」
とか馬鹿なのか?と正気を疑うようなことを言ってる人がいたが、パソコンが見事に不便になって絶滅しただろう。
結局パソコンは1360x768 とかいう、XGAの1024×768よりも現物の尺の狭い画面が一般的になってしまった。流されて迎合した人は是非反省して欲しい。安易な意見が製品を絶滅させた例だろう。普段パソコンを使わない人ほど毒されていたのだと思う。

16:9になった理由に、もう一つ事情があるのでは無いかと思う。日本と韓国のパネルメーカーのごり押しがあったのではないか。特に韓国。サムスンとLGの口車に乗せられて16:9だけなら歩留まり良く増産できるとか何とか騙されて、16:9じゃないと採算に乗らないラインを構築してしまったのだろう。パソコンを不便なデバイスに作り替えてしまって需要が無くなって、テレビも売り切ったら市場が枯渇した。
日本のパネルメーカも絶滅寸前まで追い込まれたあげく、サムスンも死にかけな昨今、コイツらから調達しなくて良いんだという縛りが解け始めているのではないだろうか.。16:9だとシークバーが邪魔極まりないタブレットは16:10や3:2が選ばれている。

Microsoftのsurfaceなんか日本のパソコンメーカーにとどめを刺したと言って良い程完成度の高いパネルを用意した。Windows が使いにくい物だという誤解を与えたのは横にヒョロヒョロ長い液晶パネルのせいだとワタシは思うから、それに迎合した日本の家電メーカーに全力で反撃を仕掛け、すっかり打ち勝ってしまった様に見える。しばらくは家電メーカーが反省するまでメッタメタにシェアを奪って欲しいものだ。

何でもかんでもMicrosoftのせいにして、クッソ使いにくいもん軌道に乗せたテレビメーカーが勝手に死にかけてるところ、Surface Pro はすぐ手に入らないくらい大人気だ。ざまあみろ。
Microsoftはソニーやら松下やらサムスンやらのテレビメーカーに
「売ってやるからSurface Proのためだけに3:2でパネルをカットしろ」と、上から目線で調達してあげて欲しい。
特にシャープは調子に乗りすぎたな。

うんうん。パソコンを瀕死にしたメーカーども。もっとキリキリ縦に長いパネル作れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

X60sをE450に買い換えた。16:9は本当にダメだ。

8年くらい使ったX60sであるが、この前新しいThinkPadを購入したので入れ換えた。長い間本当に使い倒した感。
いや、本当はまだまだ全然使えるのだが、電池が弱ってきて寿命。

で、35%オフにつられて新しくE450を購入したわけだが、やはり本体のスペックとは全く関係の無いところで使いにくい。液晶が16:9だからだが、作業に必要なドットピッチと文字の大きさの乖離が激しくて、もはや破綻している。
可読性の高いMSゴシックが存在するおかげで文字を書く作業はまだ楽だと言えるが、ClearType といういっちょ前な名前の付いた不完全なアンチエイリアスのせいで、いったいいつから時代止まってんだ感がもの凄いのである。

そもそも、現行のパソコン程度の解像度でMSゴシックほど可読性の高いフォントは存在しない。スムージングが必要ないのでぼやけが一切存在しないからだ。
ヒラギノやモリサワと比較しても、MSゴシックの方が私は優れていると考えている。ぼやけ感の少なさは、そのまま疲労感の少なさに直結する。要するに目が疲れにくいからって言うだけのことだが。
とは言え、ワタシも当然MS以外のフォントを使用する。見栄えが良いし、読みやすいので印刷物にヒラギノ明朝を日常的に使っているが、PC上の原稿の段階でヒラギノで書く意味を余り感じない、というか全く感じない。目が痛い。
マックでヒラギノでMSOfficeとか使ってる人を見ると、全てがかみ合ってないな、なんて思う。

で、16:9のフルHDというアホ丸だしな規格は、文字の可読性をMSフォントからも奪い去っていったい何がしたかったんだろうか。目が痛えんだよ。
そもそも、14吋くらいだと、以前は1600×1025とか1680×1050とかのエレガントな解像度が存在した。
それがだ。筐体の大きさなんてお構いなしにフルHDになったもんだから、今までWSXGAが入っていたノートパソコンに、1920×1080とか言うパネルをぶっ込んで来やがったわけだ。物理的な横幅が変わらないからどうなるかって言うと、蓋の縦幅が余って、画面が見た目に狭い。余ってる。16:9を推進した奴ら馬鹿なのか。

と言うわけで、こう言ういっちょ前なスペックなくせにぼやけてたり使いにくかったりするからPCは衰退してきてるんじゃないのか?っていうことから目をそらさずにいられないのが、情報メディアなんだろうなぁ。広告主が液晶作ってるからかどうか知りませんけど。
絶対情報サイトとか出版社の人たちはナナオとか三菱の16:10を大事に使ってるでしょ。文章書くのにHDとかあり得ないし。

なお、日本語縦書きだと、14吋もあるノートパソコンで、そもそも一行がWordでも一太郎でも100%で表示できない。高いお金払ってこんなだから買い換えても無駄なんだ感を増幅させてんだなと思う。
さらに言うと、レポートや論文でも、表示できる行が少なくて可読性が低い。

なんでテレビなんかとパネルを共用してんだろ。極端なことを言うけれど、テレビは玩具だよ?遊具。
なんでまじめな用途とか学術用途とか仕事の用途とかを玩具でやんなきゃいけないんだって話。
ノーパソなんて上蓋の上下余ってんだからそのまま1920×1200にでもしろよって思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

資格情報マネージャーでvirtualapp/didlogicalが現れる件

2011/1/11に書いたこの項目だが、最近になってリンクが切れていることに気がついた。
Microsoft Answers は終了し、現在Microsoft Community と改名して同様の質問サイトが運営されている。

MicrosoftAnswers(日本)に解決の手がかりになる書き込みがあります。

現在同じ質問の項目はここにある
ユーザーアカウントの資格情報の管理について


だいぶ前にコメントをくださった方がいらっしゃいます
これによると、「Microsoft Office Live add-in バージョン1.5」と「Windows Live ID サインイン アシスタント」がインストールされている環境で、訪問したサイトによりこの症状が出ると言うことが紹介されています。

と言うことで、現在それほど心配することはないようです。
Microsoftの登録ユーザー用(要は正規品使用者)のページできちんとMicrosoftの中の人が受け答えをしているので本体にもフィードバックされていると思われます。
このMicrosoftAnswersですが、2ちゃんあたりで質問するよりも迅速に解決します。時間帯によってはあっという間にMicrosoftのモデレータが一瞬で解決してくれる場合もありますので、製品版を買っているひとは登録した方が絶対お得です。

一応解決って言う感じですね。よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月28日 (金)

ATOKが決定的にGoogle日本語入力に劣る瞬間

ある。米軍機にSu-30に太刀打ちでいない飛行パターンがあるように、ATOKにも全然出来ないことがある。しかも、この瞬間はふとしたとき突然現れる。

例えば「治療」と言う言葉がある。もちろん治療自体はなんの問題も無く一発で変換される。
ところが文章をぐりぐり直していって、治療の療だけが欲しくなることがあるとする。で、「りょう」だけを変換する訳だ。

ところが、単漢字での変換候補に「療」が無い。正確には上位にないということ。
では何番目にあるのかというと、40番目だ。旅右(人名らしい)よりも順位が下ってどう言うことなんだいったい。
よく、一度変換すればいいじゃん。それだけのことでしょ?

Atok2014ryou
Atok2014ryou2

って事を聞くが、それが40番目だの50番目だのにあるとはっきり言って見つからない。
手書きパレットからの入力が学習に反映されていないので、結局一度は変換してみないとしっかり育っていかないのだ。
幸いMSIMEやGoogleと違って学習でバカになったと言う経験は無いのだが、万一学習によりバカになった場合、一文字の漢字が余りにもおろそかなので、多大な時間ロスを強いられることは間違いない。

もうATOK8(2008ではない)位の時から気になっているような気がするのだが、Justsystemはこれをいっこうに治すつもりがないらしい。

なんで?言葉狩りしてる時間があったら常用漢字の表示順序くらい治そうよ?中国共産党とかソビエト連邦の真似してもオナニーだよそれ。そんなに気持ちいいの?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

ATOK2014は完成度高い。が、言葉狩りをやめろよな。

2012を使ったとき、レスポンスが最強に悪化して、完全に書くより遅い変換を強いられてしまった。
仕方ないからたしか辞書を自動で表示しない設定かなんかにしたりと、かなり出来は悪かった。正直ATOKsyncがなかったら金返せな出来だったと思う。
レスポンスの低下はかなり長期間続いて、最終的にも何かモサッとしたかんじが否めなかった。しかし、今回の2014は速いという当たり前の性能で、辞書のレスポンスも良くさらにATOKsyncも非常に快適である。普通に戻ったと大喜びだ。

ただし、言葉狩りが激しいのも困りものだ相変わらず言葉狩りがひどい。これって要するに東アジアに屈してんの?日本語の内容をおかしくしようっていう一大キャンペーンですよね?
差別やそれを論じる内容の文章をATOKで書くことが出来ないという。例えば社会学者の人だと、仲間内で辞書を共有しなければ障害者論とか差別論を語ることが出来ないという。
そういうのを含めた障害者医療的な話なんかも学習無しでは出来ません。
なんていうかですね。90年代的な中国やら韓国の市民団体や企業と癒着しちゃったような企業の言いそうなエセヒューマニズムとかそういうものを相変わらず感じる訳です。

それから
人夫って言う言葉あるじゃないですか。にんぷ。明鏡によると

にん‐ぷ【人夫】
〘名〙かつて土木工事・荷役などの力仕事に従事する労働者を称した語。人足にんそく。

明鏡国語辞典 第二版 (C) Taishukan, 2011

これがATOKだと三回くらいしつこく手動変換してやらないと変換候補にのらない。
何が差別なの?差別でも何でも良いから日本語のバリエーション増やせよな、金払ってんのになんで手動でやらせんだよ。って思う訳だ。

これははっきりとATOKの性能を根本から足を引っ張るというか、用途によっては技術としてのATOK自身を全否定するような有様で有り、日本の企業であればきちんとして欲しい。日本語の単語の多くがそんなに汚らわしいものなのか?それをソフトに音読みで隠蔽できる上に音で表意する事が出来、声に出さない事でも書かれた書類上初見でも意味を伝達することが出来る優れたツールだ。

子供を子どもと書いてしまう。世の中的にはそういう子供みたいな大人が力を持ってしまった2000年ゼロ年代から脱却も始まっている。やっぱりもっともそういうことに疎そうな集団である政治家でさえ気づき始めるあたり、浄化作用も出てきた。
余りにファナティックなそういうヤツ推進団体も、それだけじゃ喰っていくことが出来ないし社会からの風当たりも強いから母数も減ってきたんだろうと思う。そんな奴らの要望をいちいち聞いてたらGoogle日本語入力に全部持って行かれちゃうだろう。拮抗していたら政治や思想的な意図のあるものは、大多数の人にとってキモいのである。
ATOKを必要以上に擁護するワタシだが、こう言ういかにも共産然とした薄気味の悪い部分もかねてより気になっている。
どうでも良いけどそれこそ子どもじゃないんだから直しなよねって思う次第だ。

ちなみに、ATOKでは和歌山県の小人町を入力することは出来ても学習しないとこびとを小人と書くことは出来ない。
小人町に失礼だとは思わないのだろうか?ねえねえ。ジャストシステムのこのあたりの思想が鳥肌が立つほど気持ちが悪いのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

ATOK2014を試す

と言っても試用版では無く購入してしまった訳だが。
ワタシはどうもATOKが好きで好きでしょうが無いので、2年ごとにATOKもしくは一太郎の買い換えをしているのだが昨年版の2013はどうしようもなくバグやWindowsへの適応障害が直ってないんじゃね?な感じがすさまじく、前回買ったのが2012で良かったぜ的な思いを抱いていた。

とは言え、ATOKsyncなるサービスは超絶便利で、全てのデバイスでリアルタイム同期された辞書や学習データがいかなる作戦にも対応できる環境を提供してくれていた。それが2013年は使えず不便な思いをしたものだ。
今回の2014は一本買っただけでATOKクラウドサービスが付いてくるため、10台分のATOKとATOKsyncを使用することが出来便利極まりない。
これでモバイル端末をガストに持ち込んで思う様文章を書いたりブラウズしたり、ボーッとしたりが存分に楽しめるという訳だ。書いたそばからリアルタイムで全端末の学習データや辞書が同期されるため、きわめて楽ちんだ。

ATOK自体の出来だが、ワタシは長文節での変換をしない。良いとこ2語程度を書いたら無意識でスペースを押す。これは一語一語をとっくりと楽しみ、そして選び、確定したいという思いからだがワタシ的には長文節でひらがなを書いてから変換するよりもこの方が速い。長文の中から誤変換を発見するよりも、その方が素早くそれを発見できるからだ。
しかし、そんなことを書いておきながらワタシは誤変換、誤字、脱字、衍字は非常に多い。ちょっと学習障害なんじゃ無いだろうかと思うほど多いのだ。だから恐らく単文節で変換して間違うのに、長文変換で間違わない理由がどこにも無い。もはやこんな長文での変換どうのこうのは人の問題だと思うのだがいかがなものだろうか、長文での変換って現代文で単語の拾い出しが得意でとかそういう人向けの機能であって、決して簡単では無く万人向けのやり方では無いと思う。

そういう訳で、Justもそうだが、Googleもこだわっているらしい長文節変換が余り意味のあるものだとは思わないのでワタシはその辺は割とどうでも良かったりする。
ATOKかGoogleかと言う問題だが、単語登録のしやすさとか文章中の前後の脈絡判断がどうのとか、その辺しか問題にならないほど実力が拮抗しつつあるのも実態なのだろうと思う。

しかし待て。Googleやバイドゥ(←コイツは絶対入れたらあかん)みたいなヤツ入れて精神衛生上気持ち悪いような気がする向きにはやはりATOKじゃないだろうかと思う次第である。
しかも、ATOKは辞書が長持ちである。一度購入した辞書はしつこく使えるし、その便利さがまたこの上ない。角川類語新辞書とか都民の皆さん買った方が良いですよと選挙カーで街宣して欲しいくらい便利だ。変換候補に組み込まれるだけでは無くて、連想変換や明鏡などから指定してインストールした辞書を引けるのも強いのだがATOKが嫌いな人たちはそういう所は見ていない模様だ。

ATOKを2月に購入すると言うことはふた月はバグや誤動作の類に我慢しなければならないという恒例のイベントをこなさなければならないのだろうが、Justsystemってそういう丁寧さに欠けたところがいっこうに直らないのはがまんするとして、今回のバージョンは8.1に完全に対応できなかった2013からの信頼回復に期待である。
キーエンスに買収されて相当にしっかりした人材が入る様になっているだろうし、中国や韓国の投機筋に狙われて中身だけ奪われる心配も当分無い。
料金体系やアップデートの頻度なども確実に改善している。韓国製のプレゼンテーションソフトをローカライズしているなど、開発力の枯渇が深刻だが今それをつつくことはしない。死んでもらっては困るからだ。
自力で作れないんだからマイクロソフトからエクセルやPPのライセンス契約するとか、もっとちゃんとして欲しいものだ。役所で使うんだろうから、キーエンス主導で国産のきちんとしたものを作るか、マイクロソフトのJust版ローカライズをするか、出所のきちんとしたものを国に使って欲しい。

何が気にくわないのか分からないがMSが気にくわないからと言って、日本領土に対して武力行使中の国のものをライセンス生産するような幼稚な判断からは脱して欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

McAfee Security Scan Plus 突っ込んでくるのやめれ>Adobe

スキャンしますか?→ハイ

ウィルスとスパイウェア保護対策→カスペルスキー先生が入っているから大丈夫です!
ファイアウォール保護対策→カスペルスキー先生が入っているから大丈夫です!
McAfeeweb保護対策→分かりません!
脅威の検出→カスペルスキー先生だから大丈夫!

ってなんだこれw
何がしたいんだこれw
Windowsたんのレジストリが穢されたww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧