家電

2017年11月18日 (土)

中華デジタルアンプを購入してみた

FX202Jと言うアンプを購入してみた。
聞いた感じでは下から上までフラットに出ている。
増幅素子はTA2020-20。仕様書では10kHzより上のセパレーションがやや低い様子だが、実際に聞いた感じでは悪くない。シンバルの超高域で柔らかく聞こえて柔らかい様に聞こえるのはこのせいかも。

8Ωの抵抗とスピーカーケーブルを使って周波数特性を調べてみたいと思う。
パソコンに入力して自動的に計測できないかと調べている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

臭い、汚れた洗濯機の清掃消毒に 次亜塩素酸か過炭酸ナトリウムか

要するにハイターかワイドハイターか、という問題である。

現在は1月であり、厳冬のさなかである。そうすると、カビや脂の問題が頭から抜けがちになる。自分の家の洗濯機の皮脂臭は自分や家族のにおいがするため、鼻が全く気づかないことが多く初夏になってからその汚れの蓄積の多さに驚く人も多いかもしれない。

しかし、このシーズン。気をつけなくてはいけないことがある。皮脂の蓄積である。
この季節は水道水が非常に冷たいため、洗剤が必ずしも皮脂を落としきっているとも限らず落とした皮脂が洗濯機の槽に蓄積してくる季節だと思った方がいい。
最近はググると洗濯槽の掃除には過炭酸ナトリウムしかない!のように検索結果が並ぶが少し冷静になってほしい面もある。

次亜塩素酸を使っても、過炭酸ナトリウムを使ってもカビのような細胞片や肉片といったもの、皮脂や油などにともに同じような効果を持っておりこのあたりは好みや手先の器用さで選んだ上でで使ったらよいのでは無いかと思う。
しかし、何となく感じるネットの安易さには気をつけた方がいいのでは無いかと感じる。
それというのは、次亜塩素酸は猛毒で、過炭酸ナトリウムは体によい(それどころか健康になる病気が治る若くなる彼女ができるくらいの勢い)という風潮だ。
おそらく90年代の書物「勝手はいけない」あたりに出ていた塩素は猛毒という言説が一人歩きした末にこうなっているのだろうが、せっかくグーグルが有るのだからもう少し冷静に検索するべきだろう。

ワタクシの見解としては、汚れきってしまった洗濯機の初期清掃に過酸化水素を使うことには全く異論は無く、私自身使い分けしていたりする。しかし、布巾や白い下着、シーツなどといった物に対してはやはり次亜塩素酸をおすすめしたい。
特に布巾を洗濯機でこまめに洗う、ペットを飼っている人や衛生意識の高い人には次亜塩素酸を使うべきという風に考える。花王のHPで確認できるとおりハイター200ppmでノロウィルスは失活するが、水5lに対してキャップ二杯程度であるが、これでさえものすごい高濃度である。最近の洗濯機の最小水量なら15l程度の物も多いと思うが、この程度の高濃度液なら注ぎ口から入れることで安全に運用ができる。

また、過炭酸ソーダを使用した動画などもネット上にあるが、鵜呑みにするのも考え物だ。
たとえば次亜塩素酸1000ppm程度のすべての細菌への強い漂白効果と消毒効果を期待できるハイター一本丸ごと投入では、カビ自体が漂白されて巨大な塊がはがれ落ちることはあっても細かい細胞は溶けてしまって目視できないほど洗浄ができているからだ。
過炭酸ソーダは見た目には派手だが、このような使い方にたいして素早く対処するにはやや疑問がある。
ハイターを使ってさえ汚染洗濯機には一度や二度では落ちきった事が無いのに、汚れが目視できてしまえる程度の洗浄で迫力があると言うことだけを根拠にこれだけを推すのは片手落ちでは無いだろうか。

つまり、超絶汚い洗濯機に対して過炭酸ソーダを使ってもあまり落ちないなどの質問サイトへの疑問投稿などはネットの検索上位を鵜呑みにした結果とも言える。
もちろん過炭酸ナトリウムが効果なしなどと言う、いかにもネット鵜呑み然とした事は絶対に言わない。要するに、

メンテナンス不足の汚染状態への初期清掃→次亜塩素酸や過炭酸ナトリウムを高濃度で使い何度もあきらめずに使う
メンテナンス良好な洗濯機への継続的消毒→過炭酸ナトリウム、次亜塩素酸を用途や布種によって使い分ける

というのがお勧めの使い方だ。
このように、ネットの質問サイトや動画にたいして右往左往すること無く選択と洗濯を楽しみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

iPhone4sで良かった。

なんか、5じゃなくて良かった。
ツートンカラーがかっこ悪い上に、変な不具合が多いようだ。

勇んでリリース直後にOS6にしてしまったのが悔やまれるが、仕方ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

暖かくなってきた。洗濯戦略の季節。

暖かくなってきた。そろそろ洗濯機がカビに気を遣う必要が出てくる。

冬の間は水温が低く、洗濯槽に皮脂が蓄積する傾向がある。蛋白汚れなども同様にたまりやすいといえる。この季節は気温も低いためカビの問題が顕在化しないことがままあるが、気温が20度を超えてくるとやはり蓄積してしまった物は一気に腐敗する。

よく考えてみると脂と蛋白である。高カロリーな物質が閉所に暖かく保たれているわけだ、雑菌と一緒に。カビだけではなく腐敗にも気を遣うべきだろう。臭いが臭いとか言うだけの問題ではないことに気づくべきだ。当方では台所の布巾を洗濯機で洗っている。最小水量で(水30Lならハイター70ml、花王のガイドによる)で消毒する。正直それだと半端ではない強度なので半分程度で使っているが、汚れの内容、洗濯機のにおいや調理内容や天候でそれ以上の濃度で使うこともある。

ちなみに、次亜塩素酸での失活を確実に行うためには、ピューラックスの様に厳格に管理された薬品を使うと良いと思う。ピューラックスは水道水薬品であり、間違いないにもほどがある品質で、希釈の際足りずに事故が起こるということがあり得ないので。ちなみに水量10Lに対し、ピューラックス33.4mlで調理器具、布、床(!!)までの失活が可能。床て。

ハイターもピューラックスも塩素濃度は6%で、ピューラックスは厳密に6%なのだが、家庭ならハイターをピューラックスの濃度で使っても問題ないと思われる。ちなみに食品生産設備や病院のコンクリートの床や作業着への濃度をそのまま家の中に使うと色々な物が傷む恐れがあるので、食中毒が明らかに発生している状況下でない限りは洗濯機や流しの中以外での高濃度の使用は熟慮の上行うべきだろう。

以上は食中毒対策。

以下は普段の洗濯機メンテナンスだ。
これは何度も言うが、隔週や月一でのハイター一本丸ごと投入での槽洗浄コースが重要。当方では布巾を洗濯機で消毒するため、二日に一度は常に消毒液が使われている。これも衛生的に実によく機能しているし、手洗いでジャージャー何十リットル持つ買った上に布巾が茶色いということもない。15年前に買った日東紡の布巾を今でも毎日使っている。またこのおかげで洗濯機が極端に汚くなることもない。

ちなみに布巾の使い方は、15枚程度の布巾をティッシュの様にちょっとでも使ったら専用かごに入れて、たまったら洗うというスタイルだ。汚れきるまで使わないので、毎日新品よりもきれいな布巾が使えるし最小水量の洗濯機は水をジャージャー使わないので気を遣って手洗いするのと大差ない水量だ。そもそも水は日本が壊滅したり地球が壊れない限り枯渇しないから、常時にはあまり気にしない。今は非常時に近いところがあるが水道事情は放射能以外は気にしても仕方ないだろう。

それから洗濯洗剤は3大ブランド以外を使うときは石鹸の有無をよく確かめること。石鹸が入っている場合は、そのメーカーが自然主義的教議を猛進しているのか、マーケティング上仕方なく容れているのかをきちんと読み取ること。後者であれば石鹸を落とすための合成洗剤がきちんと混ざっているはずである。それでも落ちきらないので、食器洗剤などの高性能洗剤を自分で混ぜる。石鹸という界面活性剤は衛生上洗濯機に使うにはカビや腐敗のリスクがあることを理解するべきだ。

そういうわけで梅雨への猶予が一月強となってきたからには洗濯戦略が面白くなってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

洗濯機 カビ 臭い あたりで検索を掛けてみた

洗濯機 カビ 臭い でググってみる。すると、当ブログも上位にヒットする。意外だ。そこで、もう少しこの問題を掘り下げてみることにした。

ふとしたことからビートウォッシュのカビで悩んでいる質問と回答を発見した。

当方の主力洗濯機は東芝AW-DC日立ビートウォッシュ BW-8JVだ。

日立のビートウォッシュに関しては価格.comでこういった口コミもある。


この記事だけを見るとビートウォッシュはカビが生えやすいようであるがこれは、要するに2年も洗濯槽のメンテナンスをしていないことが原因で、一度では落ちきれないほどのカビが積層しているだけと思われる。一度や二度では落ちない。それだけの話だ。そもそも、一度でも洗濯したら次の日にはカビが生え始めていると考えるべきで、こまめにハイターを入れてカビ落としはするべきだ。

何回か次亜塩素酸で洗浄したが落ちず、酵素系の既製品を使ったら落ちた。専用品が正解のように書かれているが、この程度のことで解決するなら毎日の積み重ねで腐りかけのタンパク汚れや脂がギトギトに張り付いていただけだと思う。単に漂白剤と専用品の累積効果だ。こうなる前になんとかするべきところを、よくわからないが商品名に専用と書いてある製品を使いスイッチポンで解決するしかないというのでは、発展途上国のような話だ。

普段から安価な次亜塩素酸を使い、長い周期で専用品を好みで使えばいい。現代の高性能洗濯機は汚れがよく落ちるため、一週間もすれば古いコインランドリーのような臭いがし始めるのだから。花王のFAQにも具体的な使用濃度があるが、こういった基本的な衛生観念がなければノロウィルスだけではない、軽い食中毒だって頻繁に起こりうる。湿った服を着させた子供が下痢をする。そういった原因を作らないことだ。

また書き込みによると、

まともな洗濯機がない
体に悪い洗剤を使う
風通しを良くする
1ヶ月もし無いうちに臭くなった

などなど、中国の掲示板のような非科学的な有様だ。このあたりは先進国らしく解決したいと思う。

上記のうち、まともな洗濯機がないとか、体に悪い云々。こういった、ネットでそれなりの口調で書いてあるとそう信じてしまうこともあり得るが、植物性ビジネスとか健康食品とか、医療器具ビジネスにとらわれている人ほどだまされやすい。通常の石鹸は汚れが全く落ちず、カビや酸化しやすいことから洗濯機には普通使うと言うことがあり得ない。こういった意見は、良いことをしているという気持ちが原動力になっていてあまり近寄らない方が良い。反対意見には攻撃的で、おまけに猛烈に商品を勧めて来たりする。昔知人に指摘したとき、ひどい目に遭っているが、ネットでもリアルでも全く違う人間が同じ反応をする。こういったビジネスが新興宗教の手法を分析してルーチンを物にしていることが伺われ、たいへんな怖さを感じたことがある。

洗濯機や洗剤のせいにして、結局全然脈絡もなく健康食品を売るかのごとく石鹸をおすすめするなど言語道断。日本の縦型洗濯機は最高性能であり、メンテナンス性も高い。アメリカや日本の合成洗剤も最高性能であり、今時合成洗剤にいったい何に対する負荷があるのかよく分からない。実際毒性など無い。そこを否定していきなり業者でも無い人間が石鹸を売るというのはなんだか脈絡がない。信じた人間が何も知らない人間を毒性などと脅して石鹸などと言う洗濯と無関係な界面活性剤を売るなど、宗教や詐欺が使うテクニックそのものである。元々洗濯機には単体で原始的な石鹸は使わない物なのである。

それから、風通しなど関係ない。ふたを閉めてもカビない綺麗な状態を保つこと。この国は先進国なんだから当たり前のことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

洗濯機のお手入れをどうするか

ハイターである。

60リットルあたりハイター1本を入れて数時間放置の後標準コースで空洗いをする。これでウィルスの除菌だけでなく、洗濯槽の内側についたカビの除去が出来る。

意外と知られていないのは、洗濯槽の内側についているそのカビは、アナタの遺伝子が作り出したアナタの肌や肉、脂肪と言った高カロリーな身体のかけらがカビになったものだ。当然洗濯用の石けんなどはそれ自体が落ちきらないのでカビになる。

これを洗濯機に付けないようにするには、汚れをきちんと落とすことが肝心。基本的に、なぜか家庭用の洗濯洗剤には皮脂やタンパクを落とす機能が実装されていない。タンパク汚れは酵素入りの有名洗剤であればかなり落ちるが、皮脂に至っては全く落ちない。実は全く落ちない。犯罪対策なのかもしれないが、洗濯機にカビが生えたり油焼けで服が傷んだりと迷惑な話だ。

そういうわけで簡単にこれを解決するには洗剤を組み合わせるしかない。皮脂を落とせるかどうかは実際に皮脂が落ちるかどうかを試してみればいい。洗濯をしてみるまでもなく、手を洗ってみればいい。洗濯用洗剤ではびっくりするほどヌルツキが落ちないのが確認できるはずだ。この後食器洗剤を付けて洗ってみればそれが落とせることが分かる。

女性ならファンデーションのついたスポンジを洗濯洗剤で洗ってみれば、皮脂やファンデの基剤を落とす機能が実装されていないことが簡単に確認できる。さらに驚くことに、市販の化粧落としにもこの機能が実装されていない。化粧落とし専用洗剤では顔の汚れが実は何も落ちておらず、物によっては石けんを混ぜてキュッというきしみ感を落ちているように見せかける物もある。中国製のような話だが、日本製品である。

と言うわけで、食器用洗剤である。基本的に食器用洗剤はアルキルエーテル硫酸塩とアルキルグリコシドを組み合わせた石けん以上に安全なものだ。だから野菜や食器を洗うのに使われているのだが、強烈な臭いで強烈な作用を持っているように誤解をさせてさらに安全性を高めてある。そういう意味で洗濯洗剤には食器洗い洗剤がベストマッチと言える。

とはいえ、洗濯機の仕組みは水と洗剤を入れてかき混ぜて、あとは絞ったあと水で薄める、の繰り返しだ。仕組みの上では完璧には落ちないと考えたほうがいい。特に最近は水を節約することをエコだと謳う正直よく分からない製品が多いので気をつけた方が良い。

水は非枯渇性資源であり、日本ではエコにつながらない。すすぐ必要があるのは洗剤だけではなく、泥やホコリといった物まであり、一回のすすぎではまず洗濯は綺麗にならない。その上洗濯機は汚れがたまりカビの温床になる。そういう意味で、日本のメーカーも中国政府のような、良いことをしているような気にさせて意味の分からんことを自発的にやらせるような手法を採っているところもあり、知ってりゃ避けられるけど知らなかったら確実にハマる関節技のようなやり口には気をつけたい。

そういう訳で、定期的なハイター、日常的な食器洗剤。これでおはようからお休みまで安心できるわけである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

PSPが壊れた

というか、買った瞬間壊れていた。
Amazonで購入したPSPがいきなり「ゲームを終了しますか 勝手に」病に罹っていた。
と言うわけでAmazonに電話したら、

ソニーに電話して初期不良の確認をもらってください。そしたら代品を今送りますので。とのこと。
と言うわけでSCEに電話したら、一瞬で「あ、それ初期不良ですね」との回答。
で、それを伝えるとAmazonの担当者の返事が「今発送をしましたので、明日代品が届きます」だった。

速すぎる。対応が速すぎる。しかも、固定電話ならすぐに向こうから電話を掛けてくれる。故障品は発送伝票を用意した業者が回収に来てくれる。

正直、初期不良交換がここまで一瞬で解決する通販は初めて。今後PCのパーツとかAmazonで買おうかなって思わせるほどの対応だった。

日本の業者が壊滅しかねないほどの仕事ぶりである。Amazon様はヤバすぎると言う結論に達したのであった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

洗濯機が臭い場合

ハイターを一本入れてつけ置き。というのは以前書いた。だらしなく何ヶ月も何年も手入れをしなかった場合はとれるまで何回もつけ置き。洗濯機が臭い家は柔軟剤投入口もかびている場合が多い。ここもハイターを流し込むこと。数ヶ月単位で(あるいは年単位)でメンテをしていない場合は、5回や6回の除菌は覚悟すること。本当にすぐには落ちない。

臭くなる原因は洗剤側にも問題がある。例えば、ボールドはボールド自体が残って腐ったりカビる。アタックネオやナノックスもその傾向があるし、非常識なくらい強烈に香料臭い。部屋干しすると気持ちが悪くなるくらいだ。さらにニュービーズは基本的に汚れ落ちが悪く、さらに洗濯機に脂が残る。風呂の残り湯を使うと壊滅的に汚れがたまる。

といった具合に、傾向としては脂肪酸系の界面活性剤が混ざっている洗剤はカビやすいように感じられ、酵素が入っていない洗剤は汚れ自体が残る。そういう訳で、普段から使用に耐える洗剤となるとアタック、アリエール、トップということになる。

これら高性能洗剤の特徴を挙げるとすると
アタックは香りが穏やかで、部屋干しに向いている。特徴のなさが特徴。色物でも蛍光剤が出にくく感じる。ひどい皮脂やラード等の動物油脂、植物油には全範囲カバー不可。ファンデーション等の化粧品の油分には全く反応しない。よって食器用洗剤併用が必須だ。

アリエールはあり得ないくらい皮脂が落ちる。明らかな皮脂汚れには食器用洗剤が必須だが、アタックよりシビアさが無い。増量モードで洗うとあり得ないくらい臭い。白いものを洗うには一番強い。

トップは良いにおいでかつ、汚れ落ちのバランスが良い。食器用洗剤併用必須だが無蛍光なためジーンズから枕カバーまでオールマイティに使える。

初期モデルのリキッドトップは酵素が入っていないため、女性の下着や台布巾、ワイシャツといったものの汚れが清々しいほど全く落ちなかったが、現行モデルは安心だ。ハンドポンプに入れると予洗いにとっても使いやすい。

補助製品としてはキュキュットが必須。最強洗剤で、野菜から他の洗剤では不可能なファンデーション用パフまでオールマイティに落とし、キュキュット自身のすすぎ性も最強に高い。

あとはワイドハイター等の酸素系の漂白剤だが、これはパチモンで十分。洗剤が混ざったオキシドールみたいなもんなので、直に掛ければ大して効果が変わらない。

とはいえ、いくら高性能な洗剤で洗っても、洗濯機はすぐに汚れる。今の洗濯機は汚れ落ちがよく、落とした汚れは洗濯機を汚す。それを放っておけば汚れが腐って洗濯機はくさくなる。この辺は当たり前。洗濯機が臭いのは、こまめに手入れをしないからだ。部屋干しが臭いのも、洗剤をきちんと計量せず汚れた洗濯機を使い、汚れをちゃんと落とさないから。全部自分のせいである。風呂の残り湯を使っている場合は、汚水で洗濯しているという自覚を持って、メンテナンスをきちんとすること。一度かび臭くなってしまった衣料は、適切な漂白剤を使うこと。

梅雨を控えてそろそろ戦略的に洗濯をする必要が出てくる季節になった。この季節が一番洗濯が楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

PS3のゲームがびっくりするほどつまらなそうな件

ワタシのゲーム購入基準は、

・完成度が高い
・作業性が強い
・正確な作業が求められる
・ストーリー性が無い(もしくは薄い)
・世界観が太い
・難しい(巧くなれば回避可能)
・できれば中毒性が低い

そういう基準から言うと、PS3のゲームがびっくりするほどつまらなそうなのには驚いた。
まず、アニメ絵のRPGが多い(棚がね、そういう風に見える)。この時点でどれだけおもしろくても買わない。
アニメが嫌いとかではなく個人的な嗜好だが感情移入ができない。

それから、アメリカ産のFPS。PCの方が性能が良いのでパス。仮にやったとしたら中毒性が高すぎる様な気がするから絶対買わない。明らかにおもしろいぞCall of dutyとか。破滅します。

アクションゲームとかの覚えげーは、昔から一切やっていないのでパス。ワタシはカーゲー(というかは分からんが)とか、FPSっぽい自キャラ俯瞰型のアクションゲームが好きだ。
PS~PS2初期では、GTやACを愛用していた。頭おかしいだろって位やった。この二つは、作業をどれだけやったか、作業の種類を知っているか、作業の正確性をどれだけ再現できるかという点でツボだった。GT4とかACSLは非常に完成された作業ゲーだった。

そういう視点からPS3の棚を見ると(というか棚小さ!)、うん。一生買わねえな。と判断するに十分な有様だ。何しろ、GT5だけ買って、ドライブの代わりにやり込みでもするかと思ったら、体験版じゃんこれ!何これ?何で有料なのすげえ高いし?テレビゲームという娯楽媒体がワタシの中で消滅した。

TSUTAYAでアプコン付き(たぶんたいしたことないだろうけど)のBDプレーヤーが2万円で売られている現在、PS3って高級DVDデッキなんだな。って理解できた。DVDを入れるだけで手軽にアプコンが使える点だけが美点だ。IFOが使えないのは最大の家電的な汚点でもある。

BDデッキとしては起動が速いとか利点もあるけど、書き込みもできないのに3万円か・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年7月 5日 (日)

洗濯機のカビ取り

ワタシは洗濯が大好きだ。
家の中には洗濯機が1台あるが、家族の皆様に洗濯の干し場にワタシ専用洗濯機を設置させていただいているほど洗濯が好きだ。

ワタクシ専用と言ってもワタシの服専用という意味ではなく、ワタシが使うためだけに設置されているのである。
それは、つまりワタシが誰彼構わず服を洗濯しまくり、シーツから毛布から目についたものをすべて洗いたいという野望を叶えるべく設置されているわけだ。
そういうわけで、今日は文字通り朝から晩まで洗濯三昧である。先週末は洗濯を控えめにしておいたのである。

で、洗濯をするにあたって、洗濯機のメンテナンスが重要。
というのは、いかに高性能高機能な洗濯機、洗剤と言っても完璧に1分子残らず汚れを取り去るのは不可能だ。
必ず攪拌し薄める。攪拌し薄める。の繰り返しである以上その薄まりはゼロを意味しない。
そういうわけで、ちょっと油断してTSUTAYAにでも行こうものなら入れっぱなしの布のカビが恐ろしい季節だ。

今世紀になってから、こういう製品のケア製品は結構増えたと思う。風呂釜だけでなく、食洗機や洗濯機まで様々な製品用のクリーナーが売っている。
ただ、こういう出来合いの品物はどうも効果がいまいち。仮によくわかってないオバチャンが使っても、安全なようにできているからだろうけど、どうも貧弱だ。
本当に汚れてしまった洗濯機にはあまり効果がない。

本当に汚れてしまった洗濯機というものは、ミルフィーユのように折り重なった粘膜状の黒カビがゼリーのように茂っている。
それが乾いてぎゅっと詰まることでさらに結束を強め、そう簡単には落ちない。下手に既製品のクリーナーなど使おうものなら、結束が弱まった表層部分がはがれ、日焼けして剥けた皮膚が黒く腐ったような薄い破れカスが洗濯物にくっつくので要注意だ。

ワタシの洗濯機に対しての適切な方法としては、ハイターとかそのパチモンくさい容器に入ったキッチンブリーチ等々をボトル1本ぶち込んでつけ置き洗いで数時間放っておくか、洗いコースだけ設定して同じように方っておいて1時間ほどで通常コースで洗ってすすぐこと。

ちなみに一本というのは根拠がないわけではなく、ノロウィルスの失活が200ppm以上とのこと。
60リットルの洗濯機には花王のガイドに従って600ml丸ごと入れると計算しやすいですよ、というわけ。
ちなみに、ステンレスはハイターの成分である次亜塩素酸ナトリウムで錆びる。けど、モリブデンが入ってると大丈夫。
極端に長時間つけていると被膜の腐食が進むけど、1時間程度なら大丈夫みたい。(たぶん数時間くらいは何ともないだろう)

月一程度やっていて、適切に洗濯機を運用していればカビは生えない。
以前サービスマンが修理できたとき、超使い込んでいる洗濯機をみて「せっかく買ったのに使ってないんですか?」
といった。洗濯槽にはカビが全くついていなかったからだ。

※真似して錆びたからって責任はとりません。うちの洗濯機では全く問題ないだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧